無駄な投資はするな! ベルトの合理的な選び方とは?【MB】

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。彼にビジネスパーソンのための、 いま投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。


「ベルト」って何を選んで良いか迷ってしまいませんか?

そもそもほとんど見えない小物であるベルト。カジュアルでタックインをする際か、ビジネスシーンでしか注目されないアイテムです。加えて大概スラックスと似たような色合いのものを選ぶので見えるとしてもほんの少し目に付くくらい。セレクトショップなどでは「高い物買うと違いますよ」とオススメしてくるものの、その実「ほとんど気にならない」というのが正直なところのはず。

同じ「見えないアイテム」と言っても例えば下着ならいざという時女性に見られるリスクがあるし、靴下は体の先端部分だけに靴を脱ぐ居酒屋などにおいては思ったより目立ちます。しかしベルトはそうそう目立つシーンがない……だったら過剰にお金をかけて投資しても仕方ない、と合理的に考えるのは私だけでしょうか?

いや、もちろん高級レザーベルトを趣味として好む人を否定するわけではないし、私自身もそうしたブランド品をいくつも所有しています。ただし「趣味」じゃなくて「コミュニケーションツール」としてファッションを捉えている人にとって「見えないベルトに投資するのは合理的ではない」というだけの話。無論「格安のペラペラベルトをしろ」と極端なことも思いませんが、ただ「ほどほどの質でほどほどの満足度で良い」のがベルトだとは思います。そこでおすすめしたいのが実はユニクロのメッシュベルト。

見えないところに投資しても仕方ない。ユニクロのベルトで十分な理由

「はあ? ユニクロのベルト?」と侮るなかれ。レザーやデニムやウールなど「量販店が手出しできない高級領域」を切り崩すのは、負けず嫌いのユニクロの得意技。これらの素材をブランド顔負けのクオリティまでなんとか高めるのはユニクロ昔からの得意技です。

実際ユニクロのベルトは一部のみイタリアンレザーを採用した極上品。実物を手にすれば理解できますが、これが驚くほど上質。ただし今回紹介するメッシュレザーはイタリアンではなく中国製……ですがチャイニーズレザーでもかなり質は高いのでご安心。もし素材感の良さだけを追求するならイタリアンレザーのモデルを手に取れば良いと思いますが、個人的には素材が若干劣ってもメッシュタイプがおすすめ。

何故メッシュタイプをそこまでプッシュするのか? というとONとOFFどちらも使えるからです。ベルトがいくら見えないと言ってもイカついバックルベルトをスラックスにつけるのはなんだか「金がない大学生」みたいで嫌だし、プライベートでプレーンなスーツ用ベルトをデニムにするのもミスマッチでもったいない。そこでどちらも使えるデザインでメッシュベルトがおすすめ。ONでもOFFでも使われるこのデザインならどちらでOK。さらにメッシュはバックルを通す穴が無数にあるため太っても痩せてもサイズ調整の必要がないのが何より嬉しい。合理的な選択を好む人にはこれ以上ない便利小物でしょう。

質感が劣るなんて書いてしまいましたが、それはあくまで「イタリアンレザー」と比べればの話。通常5000~1万円程度のレザーメッシュベルトと比べればはっきりいってユニクロの2990円のモデルの方が出来栄えは上です。無駄にお金をかけるくらいならこれで十分。「ユニクロ」という単語が気になる人も実はこのベルト「ユニクロタグや刻印」が一切ないのでバレることもない。

メッシュベルトは通常のものと比べて凹凸があるため、味が出るのが早いのもポイント。使い込めば風合いに艶が生まれてチャイニーズレザーでもまるでイタリアンカーフのような重厚な風合いが出てきます。使い込むほどに表情が深くなっていくのが本革の大きな魅力。味の出やすいメッシュレザーだからこそこのへんは経年変化でさらに高級感は増していきます。

2990円と格安ですが2、3年でダメになるようなものでもなく長く使えます(着用頻度にもよりますが、3年は持つでしょう)。合理的に考えるなら目立つ靴やバッグに投資するのが先、ベルトは正直ユニクロで十分。100点満点の満足度ではないかもしれませんが70点くらいなら十分獲得できます。ぜひ一度お試しあれ。

MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。


>>>シリーズ【ファッションアドバイザーMB】

【関連記事】
今年流行のツイードは「オッサンくささ」をいかに消すかがポイント!

素材がポイント! 秋冬トレンドのチェック柄で失敗しない方法

簡単にこなれて見える! 冬アウターを着こなす3つのルール