ブレゲの最新ジュエリーウォッチが再現する、海中世界の優雅さとは?

地中海の海底に生息する海藻種「ポシドニア・オセアニカ」をモチーフに誕生した、ブレゲの「マリーン ハイジュエリー 9509 ポセイドニア」。海中で花を咲かせ、光合成も行うというその神秘的な表情が1本の時計へと昇華した。

地中海に沈む古代ギリシャのロマン

南イタリアのパエストゥムの地名は、ポセイドニアのイタリア読みが訛(なま)ったもので、ギリシャ神話の海神ポセイドンに由来する。

その歴史を現代に伝えるのが、紀元前5世紀頃に建造された古代ギリシャの遺跡群だ。海洋交易の拠点として栄えた、大海原への出帆地の名残(なごり)である。

ブレゲのジュエリーウォッチは、10万年以上も生き続け、世界最古の植物と呼ばれる地中海の巨大海草ポシドニア・オセアニカから名づけられた。

ベゼルやケースサイドも豪奢に彩る。

M.O.P.の文字盤に、85個のバゲットカット・ダイヤモンドが海中に揺らめく美を想起させる。現在は廃虚となった遺跡と貴重な古代海草。その壮大な時間の堆積に思いを巡らせる。

旅することがままならなくなった今、この時計からはバーチャルツーリズムにはないロマンが感じられてくるのだ。

自動巻き、18KWGケース、径35.8mm。「マリーン ハイジュエリー 9509 ポセイドニア」¥27,720,000、トレイ¥58,000(クリストフル/マジョレル TEL:03-5787-6777)


問い合わせ
ブレゲ ブティック銀座 TEL:03-6254-7211

Direction=島田 明 Text=柴田 充 Photograph=隈田一郎 Styling=久保コウヘイ