特別感に浸れる、本島ホテル5選【NEW OPEN沖縄リゾート】

今、沖縄では、続々と宿の新規開業・リニューアルオープンが続いている。旅先での密を避けつつ、忙しい都会からもディスタンスをとり、思考を研ぎ澄ます。そんな最新宿を紹介する。

沖縄モダンな客室でお籠もりできる『レクー沖縄北谷スパ&リゾート プレミア』

3月に開業したレクー沖縄北谷スパ&リゾートが、上質な部屋を提供する「プレミア棟」を7月にオープン。なかでも、プライベートプールとテラスがついた、373.3㎡の広さを誇るメゾネット式の「ダイヤモンドスイート」は、客室というより「邸宅」の趣き。隣接する「メイン棟」では、地下1400mから汲み上げた天然温泉とプールで寛げる。

Laqu Okinawa Chatan Spa & Resort Premier
住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜34-1
TEL:098-936-2288
客室数:48室
料金:¥140,000~(1室あたり、朝食つき、税サ込)
施設:レストラン、大浴場、カフェ& バー、スパ、プールほか
詳細はこちら

現代アートに触れ、五感を刺激!『ホテル アンテルーム 那覇』

彫刻家の名和晃平氏が建物の外観デザイン監修をつとめ、ギャラリーも併設するアートホテル。館内には沖縄出身のアーティストをはじめ、新進の若手作家たちの作品がいたるところに飾られていて、宿泊者のクリエイティヴィティを刺激する。好きなアートコンセプトの部屋を選んで、オフィスのように使用するのもいい。

Hotel Anteroom Naha
住所:沖縄県那覇市前島3-27-11
TEL:098-860-5151
客室数:126室
料金:¥8,000~(1室あたり、朝食つき、税サ別)
施設:レストラン、バー、ギャラリーほか
詳細はこちら

全室海向きのコンドミニアム『UMITO PLAGE The Atta Okinawa』

琉球王国の邸宅を思わせるコンドミニアムスタイルの客室は、全室オーシャンビューのスイートルーム。なかでも「マスターズメゾネット」にはバス・トイレ付きのベッドルーム3室と国内最大級のプライベートプールを備え、グループ利用にも最適な空間。レストラン「aisance」では地産食材を用いた琉球創作フレンチを堪能できる。

ウミト プラージュ ジ アッタ オキナワ
住所:沖縄県国頭郡恩納村字安富祖1894-1
TEL:098-970-8820
客室数:9室
料金:ひとり¥30,030~(2名1室利用時、朝食つき、税サ込)
施設:レストラン、ジム、プールほか
詳細はこちら

街で籠もりたい派をも満足させる『ホテル ストレータ 那覇』

那覇の中心地にありながら、屋外プールやガーデンを有する今年4月に開業したホテル。三方をガラス窓が囲む「パノラマスイート」から、那覇の夜景を見下ろせる。離れの石窯焼きレストラン「あやぬむい」では、琉球ガラスの照明の中で、食材そのものの旨みを引きだしたシンプルにして贅沢な食事をいただくことができる。

Hotel Strata Naha
住所:沖縄県那覇市牧志1-19-8
TEL:098-860-7400
客室数:221室
料金:¥9,000~(1室あたり、朝食つき、税サ別)
施設:レストラン、バー、プールほか
詳細はこちら

王道にして最強! 大人のサプライズ『ルネッサンス リゾート オキナワ』

Renaissance Okinawa Resort
住所:沖縄県国頭郡恩納村山田3425-2
TEL:098-965-0707
客室数:377室
料金:ひとり¥15,000~(2名1室利用時、朝食つき、税サ別)
施設:レストラン、バー、プール、スパ、ジムほか
詳細はこちら

Text=安井桃子