チノパン嫌いなMBが3色買いして穿きまくってるチノパンとは?【MB厳選】

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。彼にビジネスパーソンのための、今投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。

チノパン嫌いを唸らせる極上品が1万6,500円

スーツのオーダーメイドD2Cブランド「FABRIC TOKYO」がチノパンも始めました。先日オーダーしたのですが、これが最高に具合が良い。「チノパン嫌い」だった私がいまだかつてないほど最近チノパンを穿いています。

「D2Cブランド」とはつまり中間業者を極力省いた「メーカー直売」に近い形式のこと。店舗販売を行わず販売員も設けず、製造の際に商社なども挟まないことからより原価に近い価格で洋服を提供できるのがウリ。アパレルは長らく続くオールドな業態ですからブラックボックスが多いのですが、最適化を得意とするITベンチャーが進出してきてトレンドとなっているのがこのD2Cという業態。最適化と効率化を徹底し、格安高品質な良品を提供しているのが非アパレルブランドというのは我々業界人からするとなんとも皮肉な限り。アパレルD2C勢力は黒船となってさまざまなカテゴリーを席巻しつつあります。そのなかの最先鋒でありスーツジャンルのD2C黒船となっているのが「FABRIC TOKYO」。極上素材を使ったオーダースーツがなんと4万円で作れるのだから驚きです、オーダーメイドでこの価格ですよ?

そしてそんな「FABRIC TOKYO」、冒頭の通りチノパンのオーダーをスタートしました。昨今クールビズスタイルのなかでウールのスラックスだけでなくチノパン着用を許可する企業も多い。センタープレスが入っているスラックス型のチノパンならば今やどこの業態どこの企業でもほぼ許されるのではないでしょうか。FABRIC TOKYOは基本スーツ屋さんですが、スーツで計測したスラックスのデータを使って、そのままチノ素材でつくれるサービスをスタートしました。ツヤのある風合いとスラックス型のデザインで普段着としてはもちろんONでも使えると早速評判が良いようです。

形の良さはオーダーするわけですから当然美しい。お尻の筋肉のつき具合まで見てもらい体に合わせて仕立ててくれるのでシルエットにミスはありません。完璧な満足度です。加えてチノ素材もさすがはD2C、プライスに見合わない高品質なものを提供してくれています。撥水加工を施したチノ素材で天候を選ばない。その上ハリとツヤのある素材で高級感たっぷり。

チノ素材は粗悪なものだと色が綺麗に出ません。どこか緑が入ったようなベージュカラーだったり、赤みが強すぎたりと格安チノ素材はクッキリとし色味が出せないもの。ところがこのチノ素材はツルッとした風合いとともに発色がとても綺麗。赤みもおさえめ、緑のような風合いもない凛としたベージュカラーとなっています。「服に詳しい人が見ればわかる」のではなく、「誰が見ても高級感がある様に感じる」レベルの違いなのでご安心を。極上素材でオーダーメイド、それで1万6500円は破格中の破格です。

普通に3万円くらいでエストネーションあたりに並んでいても違和感がないほど、私は多分騙されると思います。1万6500円でコレが買えるなら......、とつい白黒ベージュの3色買ってしまいました。

この時期ならあまり深く考えず、スマートにカラーシャツやオープンカラーシャツなどを合わせましょう。とても1万6500円には見られないはずですよ。

MB
MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。
気になる方はこちらをチェック