岡田圭右(ますだおかだ)流ナイスパァ~!ゴルフ。"すべり芸"と"ゴルフ"の関係性って?

ナイスショットで「ワオッ!」。ミスショットでも「ワオッ!」。やっぱり、ゴルフは思いっきり楽しまなくちゃ。そんな「岡田流ナイスパァ~!ゴルフ」の極意を聞いてきた。


ゴルフにハマりすぎて、いつもシャッターが半開き!

もー、すいません。僕なんかでいいんですか? だって、『グリーン・ゴーラ』ってすごい人が表紙やってるじゃないですか。ビートたけしさん、木梨憲武さんなどなど……からの、私? ワオッ!

本格的にゴルフをやり始めたのは今から6、7年前かなあ。ただ、ハマる前からゴルフ番組に出させてもらう機会があったんですよ。その名も『おぎやはぎのそこそこスターゴルフ』。ゲストが矢作(兼)くんと対戦するんやけど、〝そこそこのスター〞て失礼な話でしょ? 例えば、森末慎二さんとか(笑)。ザ・アメリカンジョークです。怒られますから(笑)。

ハマってからはものすごいことになりました。普通、どんなスポーツでも練習した分だけうまくなるじゃないですか。でも、ゴルフは違う。そこがまた楽しくて。それまでは趣味と言えるものが何もなかったんですよ。ほんまに何にもハマったことがなくて、お笑いにもハマらず。ハハ(笑)。

たまたま自宅の近くにいい練習場があってね。50ヤードくらいしかないんやど、どれだけ打っても2000円。すごいでしょ? ほんだらもう、300球も400球も打ちっ放し。やってましたねー。はいはい。ほんまに毎日。ラウンドもよく行きました。だいたい赤羽。しかも早朝。週3で練習に行き、週1はフルで回り、たまにハーフで回り。それだけ行けば仕事にも影響しますよね。体はいつもバッキバキで、閉店ガラガラのシャッターをちゃんと最後まで閉められなくて……ワオッ!

ロッカーでバタバタ。あれはダメ。ダボ決定!

昔はそんな感じでいちいち盛り上がりながらやってました。パーで上がれたら「出たっ! パァ!」と。でも、最近は自分の世界に入りこんでしまうことが多くて、プライベートでは「ワオッ!」も「パァ!」も言いません。ここぞという時はやりますよ。レジェンド(ザ・レジェンドチャリティプロアマトーナメント)なんて、18ホール全部「閉店ガラガラ」。だって、お客さんごっついるんやもん!

で、なんでしたっけ? 常時100を切るためのコツ? あのね、ゴルフも芸もメンタル。人生もメンタル。何があっても動じちゃダメなんです。ゴルフ場に来るまで、そして来てからも心を穏やかに。これが大事。100を切れない人って、みんなロッカールームでバタバタするじゃないですか。1回ロッカーを閉めて、行こうかな、まだいいかな、何か忘れてないかなってバタバタと。あれはダメ。ダボ決定。いいとこ見せようなんて思ったらアカンのです。「あたし、今日はたまたま来たのよ」という雰囲気で、常に平常心がいい。僕? もちろんその境地には至っておりません。完全に気持ちが入りすぎて、ロッカールームではいつもバタバタしております、はい。

それこそ、レジェンドなんてひどかったわ。ゴルフ場に着いたら舘ひろしさんはおるし、柴田恭兵さんはおるしで「あぶない刑事そろった! ワオッ!」てね。平常心がどっか行ってもうて、100叩きました。でも、ベストは87だからまあまあでしょ?

ゴルフは「最近できた親友」、めちゃ厳しいヤツやけど。

僕の場合、よく「スベり芸」と言われるじゃないですか。でもね、僕はこの世界に入る気がまったくなかったくらいだから、そもそもお笑い偏差値が低いんです。そんなヤツがどうにかテレビに出ようと思ったら、そらあ末路はこうなりますよ。だからできることを全力でやるしかなくて、いつも自分のことだけで必死なんです。

ゴルフはそれじゃダメ。真逆。視野を広く、そして穏やかに。ベストショットじゃなく〝ベターなミス〞でいいんですから。私の芸なんて池ポチャばっかり。あえて? いや、みんなそう言うんやけど、そうじゃないんです。どんなに全力でやっても池ポチャだから、やっぱりスベり芸とゴルフは真逆ですね。ただ、僕の場合は芸もゴルフも池ポチャばかりだから、結果だけは同じ方向に向かっているの。なんでやねん!

僕にとってのゴルフ? そうねえ、「最近できた親友」かな。すごく厳しいヤツやけど、そこがまたいい。ほら、よく言うじゃないですか。大人になると本気で怒ってくれる人がいなくなるって。そういう意味でも親友かな。ずーっと一緒に遊びたい。

ポロシャツ¥15,000、ショーツ¥27,000、ソックス¥2,200、シューズ¥29,000、ベルト¥15,000、グローブ¥3,400(すべてパーリーゲイツ/パーリーゲイツTEL:03・6748・0392)、ボウタイ¥3,800(ニューバランス/TSIグルーヴアンドスポーツTEL:0120・519・515)
Keisuke Okada
1968年11月17日大阪府生まれ。お笑いコンビ「ますだおかだ」のつっこみ担当。大学時代の友人・増田英彦に誘われてお笑いの世界へ。第2回M-1グランプリ王者となり一躍人気者に。自宅では毎日ゴルフチャンネルで猛勉強する。

もっとゴルフ記事を読みたい方は『GREENGORA(グリーン・ゴーラ)』Vol.10!

Text/細江克弥 Photograph/筒井義昭 Styling/石黒亮一[太田事務所] Hair & Make-up/須賀元子 Cooperation/カメリアヒルズカントリークラブ