2万円で上質なオーダースーツが手に入る!【ファッションアドバイザーMB】

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。ビジネスパーソンにとって好印象を持たれることは非常に重要。そこでMBにビジネスに効く、 いま投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。


値段が高いものが品質の良いものであるとは限らない

今回紹介するのはユニクロのセミオーダースーツ。2万円程度で上下揃うアイテムですが、実は5,6万円台のスーツと比較しても見劣りしない品質を誇っています。

ハイブランドを好む層やファッションアディクトなどにはまだまだ毛嫌いされている感のあるユニクロですが、その根拠のほとんどが「安かろう悪かろう」・・・実はこれほど的外れなことはありません。

洋服は工業製品と同じ論理で、数を作れば単価が下がります。100枚しか生産しないものと1億枚生産するものとを比較すると値段はまるで異なります。ユニクロのビジネスモデルの核は10年単位で売り続けるベーシックなアイテムを作り、生産数を極大化・単価を最大限抑えることにある。ヒートテックなんて1億枚を超えています、こんな巨大ロットだからこそ極上素材を活用しても格安で抑えられるのです。スーピマやカシミアや国産デニムなどユニクロ製品の多くが同じく、裏側をみれば安かろう悪かろうでなく、ちゃんと「高級品が安くなる理由」があるのです。

そして近年ユニクロはカジュアル衣料だけでなくビジネスカジュアルやスーツの世界にも手を伸ばしています。その先駆は「感動スーツ」などですが、実はオーダースーツも2年ほど前から展開しており根強い人気。

それもそのはずデパートの平場で買えば5,6万してもおかしくないsuper110'sの高級糸を使ったオーダースーツがなんと上下2万円で手に入るのですから。ビジネススーツはデザインに差がほとんどありません。もちろん細部の違いはありますが、ビジネスで使われるもののほとんどがスタンダードな2Bか3Bのシンプルなもの。とするとビジネススーツの完成度は素材とシルエットに集約されます。

ユニクロは上述の通り、素材は生産背景の巨大さ、国内900店舗にもおよび販売網で極上素材を格安で提供できます。そしてもうひとつシルエットに関してはオーダーでカバー。凝ったデザインなど特徴的なものを望まないのならもうスーツはユニクロでも十分、と言えるレベルの完成度です。

ヌメッとした風合いの生地は極細ウール糸によるもの。ウール糸は細ければ細いほど光沢が生まれて高級感が出ます。ただし細すぎると今度は耐久性が犠牲になるもの。糸の細さは「super110's」などの表記が一般的ですが、130を超えると耐久性が失われて頻繁なケアが必要になります。高級素材は贅沢品、ケアをしないとすぐにテカりが生まれてしまうため実用に欠けるのが難点です。ユニクロは高級感と耐久性の最適値を見て「110」というポイントを突きました。良い判断だと思います。

また素材は厚手に感じる重厚な綾織を採用。ツヤがある素材でもペラペラの風合いだとどうしても安っぽく感じる人も出てきますが、こちらは綾織で重みのある風合いになっています。高級スーツと比較して見劣りすることはないでしょう。

そしてシルエットもご覧の通り、体に合わせたサイズ感で美しいフォルムを実現してくれます。ビジネスシーンで使うスーツは消耗品。美しくありたいけれど、凝って作ってもヘビーユースですぐに傷めてしまう。ユニクロのオーダースーツならば手頃な価格で高級品が手に入る。消耗品であるビジネススーツならばこれが最良の選択ではないかと個人的には思います。

ただ少々面倒なのが、店舗に行き、採寸してもらい、その後PCスマホで注文するフロー。店舗でそのまま注文できるか、ECで自動採寸ができれば楽なのですが・・・。この謎仕様だけは本セミオーダースーツの難点。

また本製品は正確には「オーダージャケット」でスラックスは既製品の丈を直すに止まります。本当にこだわりの強い人からするとコレは物足りないかも。ただほとんどの人はオーダースーツであってもスラックスは直さないことが多いもの。コストを考えれば英断と言えるでしょう。

特に高級品を好む人も多いとは思いますが、時にはそうじゃないファストファッションにも目を向けてみてください。値段は安くても中身は高級品ということも現代ではあり得ます。タグが気になるならカッターでとってしまえばいい、そうすれば誰の目にも高級品に見えるでしょう(笑)。そのくらいの風格がこのアイテムにはあります。おすすめです。

MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。