アウトドア? インドア? 日本初上陸「ロダ」の最新チェアとは?

1990年に設立したイタリアのブランド、ロダは自然と調和する生活を提案。ラウンジチェアとスツールはグリーン、サンド、ブルーの3色で展開する。


自然と調和する生活を提案

たとえニューヨークのディスコにいても、男の心はケニアのキャンプにあったのかもしれない。男の名はピーター・ビアード。写真家にして環境保護活動家、自らを日記作家と称した。

17歳の時に初めて訪れたアフリカに魅せられ、現地での創作は世界を驚嘆させた。だが’70年代にアンディ・ウォーホルと出会い、セレブの仲間入りに。

多くのファッションの撮影をこなし、私生活ではゴシップ誌を賑わせた。だがそれも失われゆくアフリカの現状を世界に知らしめるためだったのだ。日本初上陸のイタリアンアウトドア家具ブランド、ロダのチェアはそんな自然への憧憬を深める。

スチールフレームにキャンバス地を張ったシンプルな構造に、優雅な気概が漂う。腰を下ろせば、どこにいても自然を身近に感じられるだろう。

ラウンジチェア¥20,9000、スツール¥151,000(ともにロダ/アルフレックスジャパンTEL:0120-33‐1951)    


Direction=島田 明 Text=柴田 充 Photograph=隈田一郎 Styling=久保コウヘイ