【最旬ジャケット】ビジネスシーンの常識! アンコンジャケット

ビジネススタイルだけではなく、 休日のカジュアルスタイルにも欠かせない現代の大人の基幹ワードローブとなったテーラードジャケット。 基本的デザインは100年以上変わらずに、 時流を柔軟に採り入れ、素材や色柄、 機能などが常に変化している。 そんなジャケットをアップデートすることが、 装いを進化させる早道だ。 そこで注目の最新モデルをキーワード別に厳選。 快適さに加え旬をも纏える、 2019年春夏のジャケット事情をリポートする。


1着は持っておきたいアンコンストラクション・ジャケット

BRIONI(右)
ハリと伸縮性を兼ね備えるコットンピケを用いた代表モデル「ニューブルニコ」は、柔らかな着心地と凛とした佇まいを同時に味わえる。裏地不使用で軽量性にも優れるが、ブリオーニの誇る高度なハンドテーラリングで美しいシルエットはキープされている。ライトブルーからネイビーへのブルーグラデーションで爽やかに着こなしたい。

BERLUTI(左)
細部まで妥協を排したシューズ同様、テーラードウェアの完成度も非常に高いベルルッティ。ストレッチウールギャバジン使用の定番ジャケットは、ストレスのない着心地でシワにも強いが、テーラードらしい立体的で精悍なフォルムを備える。ベーシックな着こなしでも差がつく1着だ。

右:ジャケット¥295,000、シャツ¥61,000、タイ¥30,000、チーフ¥18,000、パンツ参考商品、ベルト¥52,000(すべてブリオーニ/ブリオーニ ジャパン TEL:03·6264·6422)靴はスタイリスト私物 左:ジャケット¥319,000、シャツ¥48,000、タイ¥30,000、パンツ¥106,000、ベルト¥85,000、靴¥265,000(すべてベルルッティ/問い合わせベルルッティ・インフォメーション・デスク TEL:0120·203·718)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=前田 晃(モデル)、隈田一郎(静物) Styling=久保コウヘイ Hair&Make-up=MASAYUKI(The VOICE)