国技館に入れば江戸時代! 大相撲ブランドはいかにつくられてきたのか?

1300年以上もの歴史があると伝えられている相撲。その日本国有の競技は、単なるスポーツという枠にとどまらず、神事、文化、興行として長きにわたり守り抜かれ、今なお観客動員数やテレビ視聴率において抜群の人気を誇り続けている。壮大なる大相撲ブランドは、いかにして作られてきたのだろうか。相撲ジャーナリストの荒井太郎氏が3回にわたり、その秘密を解き明かす。


東京場所で満員札止めが続く理由

先の秋場所は混迷を極めた優勝争いの末、最後は貴景勝との関脇同士の優勝決定戦を制した御嶽海が2度目の優勝で幕を閉じた。白鵬、鶴竜の両横綱が休場で不在だったにもかかわらず入場券は15日間全てで完売の「満員札止め」で、約1万1000人収容の両国国技館で行われる年3回の東京場所としては、平成28年秋場所から10場所連続となった。ちなみに千秋楽当日の関東地区の平均視聴率は20.6%と高い数字をはじき出し、相撲人気の安定ぶりは相変わらずだ。

つい数年前まで館内は連日、“閑古鳥”が鳴き、平成24年夏場所2日目は残券が6080枚という、東京場所としては昭和60年1月、現在の国技館開館以降でワーストを記録した。客席の半分も埋まらなかった要因は言うまでもなく、野球賭博問題や八百長騒動といった角界を揺るがす不祥事が頻発したことにあった。「国技」の威信は完全に失墜し、大相撲は存亡の危機すら叫ばれた。

続きはこちら


横綱制度を築き上げた先人のプロデュース力

髷を結った力士たちは相撲を生業とするプロスポーツ選手であると同時に、わが国古来の伝統文化を今に伝える伝道師の役割も担っている。同じプロスポーツ選手でもその点がプロ野球選手やサッカーのJリーガーといったアスリートたちとは決定的に違う。

無名の力士でも髷があれば通りすがりに記念撮影をせがまれ、老人ホームへ慰問に行っておじいちゃん、おばあちゃんたちと握手をすれば涙を流しながら喜ばれる。お相撲さんに抱っこされた赤ん坊は丈夫に育つと昔から言われ、昨今は力士に"お姫様抱っこ"をされたがる女性が後を絶たない。髷の魔力というのはかくも絶大なのだ。

続きはこちら


昭和天皇が40回も国技館にご来場された意味

大相撲というブランドは、地球上で唯一無二の存在を武器に他のプロスポーツのみならず、世界のありとあらゆるエンターテイメントにも決して引けを取らないコンテンツ力と、伝統文化や神事を背景としたどこか曖昧ではあるが妙に説得力を持った、壮大で深遠なストーリーが織りなす演出装置を多く有していることにより、その価値を高めてきたことはすでに述べてきた。

悠久の歴史を持つ日本の国技である相撲。現在の大相撲興行の原型となった江戸勧進相撲が始まってからでも250年以上が経つ。数ある日本の伝統文化の中には時代の波に飲み込まれ、廃れたり風前の灯火にあるものも少なくないが、大相撲は令和の時代の今も老若男女から愛されている。しかし、今日の地位を築くまでの道のりは決して平坦ではなく、幾度となく存亡の危機に直面しながらも抜群の嗅覚を発揮してその時代の権力者を味方につけ、生き永らえてきた。この危機察知能力に長けた生命力もまた、前述した2つとともに大相撲ブランドを支えてきた根幹をなすものだ。

続きはこちら


Taro Arai
1967年東京都生まれ。早稲田大学卒業。相撲ジャーナリストとして専門誌に寄稿、連載。およびテレビ、ラジオ出演、コメント提供多数。『大相撲事件史』『大相撲あるある』『知れば知るほど大相撲』(舞の海氏との共著)、近著に横綱稀勢の里を描いた『愚直』など著書多数。女性向け相撲雑誌『相撲ファン』では監修を務めるほか、相撲に関する書籍や番組の企画、監修なども手掛ける。