噂の新ホテル「キンプトン新宿東京」は、新宿に出現したマンハッタン!?

世界各地で開業が進んでいるラグジュアリーライフスタイルホテルブランド「キンプトン ホテルズ&レストランツ」がついに日本初上陸! まるでニューヨークのマンハッタンに訪れたような、抜群の雰囲気を誇る「キンプトン新宿東京」をご紹介する。

26年ぶり!西新宿に世界ブランドのホテルが

2020年10月2日(金)に東京・新宿に満を持してオープンした「キンプトン新宿東京」は、インターナショナルブランドとしては実に26年ぶりに西新宿にオープンしたホテル。地上17階建、一棟まるごとホテルの施設のみという贅沢なつくりになっている。群を抜くのは、その高いデザイン性が醸す、上質かつフレンドリーな雰囲気。聞けば、ディズニーやコカ・コーラなどどの建築プロジェクトも世界的に高い評価を得ている建築・デザイン会社のロックウェル・グループが手がけたという。ニューヨークのアートシーンからインスピレーションを受け、ホテルに一歩、足を踏み入れると別世界が広がる。

ペットフレンドリー!  人もペットも集まる新宿の新名所

ホテルの1階に位置するのが、日本初上陸となるニューヨークの地域密着型コーヒーショップ「Birch Coffee(バーチコーヒー)」。大きな窓からは、燦々と光が降り注ぎ、コーヒー豆のいい香りが漂う気持ちのいい空間だ。嬉しいことに、室内にも関わらずペットの同伴も可能。さらに、営業時間が長く、6時半から23時まで営業しているので、朝は本格的エスプレッソ、昼はデリ・サンドウィッチ、夜はクラフトビールやオーガニックワインなど、楽しみ方は自由自在。

2階の「ディストリクト ブラッスリー・バー・ラウンジ」はマンハッタンの多様性からインスピレーションを取り入れた、モダンブラッスリー。ブランチ、アフタヌーンティ、ディナー、バーのメニューを取り揃える。ラウンジとテラスエリアでは、ペットの同伴が可能だ。アンディ・ウォーホルやヴィンセント・ヴァン・ゴッホの作品をイメージした食事は、見るも食べるも楽しい時間を演出してくれる。

ライフスタイルホテルならではのオリジナル提案

151ある全客室には、レインシャワーやアトリエプルームのアメニティ、アーティスト高橋理子氏による「YUKATA RELAXING WEAR」という浴衣の室内着、ルルレモンのヨガマットなどを備える。快適でありながら、日々の生活が豊かになるような時を過ごせる。

イベントやウェディングの新たな選択肢に

14〜17階はバンケットスペースとなっていて、フロアごとに異なる個性のある造り。特に、16階のザ・ギャラリーは天井高10mで、アートエキシビジョンやファッションショー、ウェディングなど多岐にわたり利用できる。また、このフロアには、待合室としても使用可能な会議室やまるで邸宅のようなラウンジが設けられ、1フロアすべてを貸し切ることができる。

1981年にアメリカで誕生したキンプトンは、今では全世界で70を越えるホテルを運営しているが、ひとつとして同じスタイルのホテルはないという。個性的でアーティスティックなキンプトンにはマニュアルというものがない。ここ、東京・新宿では、いつも何かが新しい、よりフレンドリーでパーソナルなサービスが提供される。現在、「キンプトン・イブニングソーシャルアワー」と名付け、17時から1時間ほど、日々変わるテーマに合わせ、ミクソロジストによるオリジナルカクテルやワインなどをピンチョスとともに味わいながら、ゲストとスタッフの交流の場にしているそう。

10月1日より、東京もGoToトラベルの対象になった。「キンプトン新宿東京」に訪れれば(ペットも連れてくればさらに!)、人との繋がりを感じる温かな時を過ごせることだろう。


Kimpton Shinjuku Tokyo
階層:地上17階
総客室数:151室(全室禁煙)
施設:料飲施設2ヵ所、フィットネスジム、バンケット3室、ギャラリー
住所:東京都新宿区西新宿3-4-7
電話番号:03-6258-1111

Text=ゲーテWEB編集部