家の中心に設置したい! こだわりのキッチン&ツール4選【格上げインテリア】

キッチンは料理をするだけの場ではない。人が集う家の中心、最もインテリアにこだわるべきスペースである。そんな毎日の生活を豊かにするアイテムをご紹介。


Valcucine Tokyo アルテマティカ
世界に衝撃を与えた革命的キッチン
イタリアのプレミアムキッチンブランド「バルクッチーネ」のアルテマティカ。豊富な色彩と素材の芸術的調和によって、圧倒的な美しさを生みだす革命的なキッチンだ。5mm厚のドアパネルと、アルミニウムフレームで構成される扉が軽量かつ耐久性を実現し、美しさに実用性を融合させた。そこには、手仕事に対する情熱、安全性への配慮、環境に対する洞察力がこめられている。

『アルテマティカ』価格は要問い合わせ。(Valcucine TokyoTEL:03・3810・2555)


Poggenpohl +STAGE Bar
どんな時間も充実する独立型キャビネットバー

ドイツのハイエンドキッチンブランドのひとつであるポーゲンポール。確かな品質を保ちながら、多様な取り入れ方ができるキャビネット型のバーは、キッチンをクラスアップ! ワインセラーをビルトインすれば、ワインやカクテルなどに適したグラスも収納できる。仕事終わりの寛ぎ時間や、ホームパーティ時にも活躍すること請け合いだ。

『+STAGE Bar』¥3,775,500 ※参考価格(アクタスTEL:03・5269・3207)


DANESE フルーツボウルNo.5.5
既成概念を覆したデザインでさり気なくアート性をプラス

フルーツボウルとしての機能性を最小限に留めた構造で、載せたフルーツがゆらゆらと揺れる様は、サーカスの綱渡りを連想させる。アート性の高いデザインを実現し、脇役になりがちなアイテムの存在感を高めたことで、キッチンがミュージアムの気品を纏まとう。何気ないアイテムにまでこだわってこそ、インテリアは生きてくるもの。

『フルーツボウルNo.5.5』¥37,000(カッシーナ・イクスシー青山本店TEL:03・5474・9001)


TOYO KITCHEN STYLE イノ・プラグイン
さまざまなライフスタイルにコミットするシステムキッチン

趣味、嗜好が多角化する現代のキッチンには、洗練されたビジュアルだけでなく、フレキシブルにライフスタイルに寄り添う機能性も必要だ。それをかなえてくれるのが「イノ・プラグイン」。シンクで洗い、調理スペースで切り、コンロを使って調理するという従来の設計を覆し、シンクを3Dに。立体的にすることで、シンク内での調理を可能にし、加熱以外の工程を行え、ますます使いやすさを増した。

『イノ・プラグイン』¥770,000。※水栓、加熱機器、レンジフード、施工費別途。(トーヨーキッチンスタイルTEL:03・6438・1040)

Text=木川誠子