パッティングの「振り子派」と「直線派」。最適なのはどっち?

世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子・吉田洋一郎による、最新ゴルフレッスンコラム58回目。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。 


パッティングにこそ型を用いるべき

ゴルフは「再現性のスポーツ」だが、その中でもパッティングは特に毎回同じ動きをすることが求められる。球筋を曲げるような細工が不要のため、インパクトで目標に対してスクエアにフェースを戻すことが、何よりも大事だからだ。

「パットに型なし」というような格言があるが、パッティングにこそ型を用いて、毎回同じ動きになるようストロークの精度を上げていかなければならない。

型は「振り子派」と「直線派」の2種類

パッティングの型は大きく「振り子派」と「直線派」の2つに分けることができる。

「振り子派」は胸郭を中心にパターを動かし、ヘッド軌道は緩やかなイントゥインとなりフェースの開閉が入る。

一方の「直線派」は左肩が支点になり、ヘッドは直線的に動く。腕の動きが入りながらまっすぐ目標に押し込む動きになるためフェースの開閉は少なめだ。

どういうわけか「直線派」のほうが「上級者が行うストローク」と思われがちだが、そうではない。どちらが正しか、上級者向きかということではなく、自分に合ったほうの動きを取り入れることが重要なのだ。

どちらの型が合うかをチェックする方法

今までの説明で「自分は何となくこっちが合いそう」というイメージを持つ人もいるかもしれない。しかし、体がそのストロークに合った動きができるかどうかは別問題だ。

結論から言うと、「振り子派」のストロークのほうが制約が多い。上半身と下半身が別々の動きをしなくてはならないからだ。より厳密にいうと下半身や頭は動かさずに、胸郭部分のみ動かす動作が必要になる。

自分にはどちらが合っているかは、壁に頭やお尻をくっつけてストロークをしてみるとわかる。お尻や頭をつけた状態でパターを動かしても頭が動いたり、お尻が壁から離れたりしない人は「振り子派」に向く。

このように上半身と下半身で動きをセパレートできない人は、「直線派」のストロークにしたほうが、再現性は上がる。

「イメージは振り子なんだけどな」と思っていても体がそのストロークに不向きであれば、理想の動きは身に付きにくいし、故障につながる可能性もある。

「振り子派」と「直線派」の両タイプともに可能なプレーヤーはどちらにすべきか迷うかもしれない。そんな時はストロークのイメージを重視するといいだろう。右手1本で片手ストロークをしてみてフォローでフェースを開閉するイメージがある場合は「振り子派」だ。ヘッドがまっすぐ動きフェースの開閉がないイメージであれば「直線派」となる。どちらがいいか迷ったときはイメージや感覚を優先してそこからストローク動作を作るといいだろう。

パッティングは体がどちらに合うかをしっかりとチェックして、「型」を決めてから練習に臨んで欲しい。


Text=吉田洋一郎 Photograph=小林 司 Cooperation=取手桜が丘ゴルフクラブ