古閑美保の常時100切りレッスン ~ウェッジ編② "ゆるく"じゃなく"ゆっくり"が正解〜

今回のテーマはウェッジショット。100ヤード以内の微妙な距離感の打ち分け法からグリーン周りのアプローチまで、ウェッジに関する基本となるスキルを6回に渡り古閑美保プロが伝授してくれる。賞金女王にまで輝いたそのテクニックは驚くほどシンプル。我々アマチュアにも真似できるウェッジテクニックをマスターしよう!


短いクラブほどゆっくり振る!

私は緩むタイプじゃないから振り幅を小さくすることは抵抗なくできるんです。緩む人のパターンは、例えばフルショットが100%だとして、距離を落とすときは70%で振ろうとする。でも私の場合は、例えば50の振り幅で振る時も100%なんです。

ただ、難しいのはリズムです。スイング自体が小さくなっているので、普通だったらリズムは速くなるんですが、それではダメなんです。短いショットほどヘッドの重みを感じながらゆっくり振らなければならないんです。

これも練習が必要になります。私はずっとメトロノームを使って練習していました。パンチショットをする時もリズムを変えずに振っていたくらいで、常に同じリズムで振ることを重視していました。メトロノームは本当にオススメの練習法です。

距離を落とすためにスイングをゆるくしようとするのは間違い。ゆるくじゃなくゆっくりが正解。ドライバーは長さがあるのでヘッドの重さを感じやすいんですが、ウェッジ短いせいで、本当はドライバーよりも重いのにその重さを感じずに振ってしまいがち。それがリズムを狂わせる要因になっています。私の感覚では短いクラブほどゆっくり振るように心がけています。


【古閑先生のウェッジスイング連続写真】

前回はこちら                        次回に続く

Direction&Text/出島正登 Photograph/今井 暖 Cooperation/ザ・カントリークラブジャパン


【古閑美保から直接レッスンを受けたい人は⇩】


古閑美保
古閑美保
1982年熊本県生まれ。プロ転向は2001年で、ツアー通算12勝を上げている。’08年には賞金女王に輝くなどツアーの中心選手として活躍していたが、’11年に突然の引退表明。現在はバラエティ番組に出演するなど、多方面で活躍している。’17年に男子プロゴルファーの小平智選手と結婚し、妻として夫を支える。今でも女子ゴルフ界の姉さん的存在。
気になる方はこちらをチェック