【特集・勝負服】ビジネスパーソンが絶対に知っておくべき秋冬トレンド<着こなし編>

〝機先を制する〞とは勝負事に関する箴言だが、それはファッションにも当てはまる。最新のトレンドを把握しておけば、 モノや店の選択に迷わなくなり、より高いレベルで追求できるからだ。そこでビジネスパーソンが知っておくべき2018年秋冬シーズンのトレンドを紹介する。 


着こなしトレンド①
スポーツテイストを品よく取り入れるにはスポーティーなベストをインナーにプラス
スポーツアイテムでモダンさを演出する着こなしが増えている。なかでもトライしやすいのが、いつものジャケットスタイルにナイロン系のスポーティなベストを挟む着こなしだ。防寒にもなるのでぜひ実践したい。

ベスト¥144,000、ジャケット¥228,000、カーディガン¥182,000、シャツ¥74,000、タイ¥29,000[すべて予定価格](すべてプラダ/プラダ クライアントサービス TEL:0120・45・1913)


着こなしトレンド②
子供っぽくならないプレッピーの着こなしは上品なチルデンセーターを合わせる
プレッピーの代表アイテムであるチルデンセーター。昔ながらのものは子供っぽくなりがちゆえ、レザーの装飾や幾何学パターンで上品にアレンジした1 着を吟味。大人らしくスポーティな若々しさを添えられる。

セーター¥128,000、ブルゾン¥515,000(ともにバリー/バリー 銀座店 TEL:03・6264・5471)
ベスト¥106,000、ジャケット¥220,000、シャツ¥49,000、チーフ¥21,000(すべてエトロ/エトロ ジャパン TEL:03・3406・2655)


着こなしトレンド③
マウンテンブーツはフランネルパンツとのコーディネイトで品よく履く
武骨で男らしいマウンテンブーツに、今季再び注目が集まっている。取り入れる際は土臭くならないように注意したいが、エレガントなフランネルのパンツと合わせれば品よくまとまる。上質素材を厳選するのも鉄則。

ブーツ¥185,000(サントーニ/リエート TEL:03・5413・5333)ジャケット¥110,000(タリアトーレ)、セーター¥43,000(クルチアーニ)、チーフ¥6,800(エレディ キャリーニ)、パンツ¥34,000(ジーティーアー/すべてビームス ハウス 丸の内 TEL:03・5220・8686)


着こなしトレンド④
ベストは、イタリア伊達男の着こなしを手本に効果的に使う

クラシック回帰の流れを受け、多くのブランドが提案している単品ベスト。
防寒対策にもなるのでぜひ取り入れたいが、絶好のお手本となるのがベスト好きで知られるイタリアの伊達男たちだ。そのコツは、ジャケットやブルゾンなどレイヤードするアウターと色調を合わせること。装い全体になじみ、エレガントにまとまるはずだ。

ベスト¥30,000(タリアトーレ)、タイ¥9,000(ビームスF /ともにビームス ハウス 丸の内 TEL:03・5220・8686) ジャケット¥98,000(アスペジ/アスペジ 六本木 TEL:103・5413・5699) シャツ¥18,000(アール& ブルース/麻布テーラープレスルーム TEL:03・3401・5788) パンツ¥65,000(イザイア/イザイア ナポリ 東京ミッドタウン TEL:03・6447・0624) 靴¥138,000(サントーニ/リエート TEL:03・5413・5333)
ベスト¥32,000(ラルディーニ)、ジャケット¥53,000(ビームスF )、シャツ¥28,000(バルバ)、パンツ¥30,000(フォルテラ/すべてビームス ハウス 丸の内 TEL:03・5220・8686)タイ¥33,000、チーフ¥14,000(ともにイザイア/イザイア ナポリ 東京ミッドタウン TEL:03・6447・0624) 靴¥159,000(エドワードグリーン/エドワードグリーン銀座店 TEL:03・3573・6055)


着こなしトレンド⑤
トラックスーツはウール素材のものにコートを羽織る大人らしいスタイルに
トラックスーツはスポーツアイテム全般の関心が高まるなかで浮上した注目株。成熟した男性がトライするには上品さを意識することが肝心ゆえ、ウール素材のものを選び、テーラードコートを合わせるのが正解だ。

ブルゾン¥230,000、コート¥470,000、パンツ¥78,000(すべてダンヒル TEL:03・4335・1755)


着こなしトレンド⑥
ワイドパンツは、ややテーバードしたシルエットを選んで上品に着こなす

スリムからワイドへ、現在はパンツの移行期だ。そこでワイドパンツを先取りしたいが、子供っぽいストリート風は避けたい。その点、裾に向かって若干細くなるテーパードシルエットならエレガントに着こなせる。

パンツ¥96,000、ジャケット¥270,000、ポロシャツ¥92,000、セーター[参考色]¥92,000、ベルト¥75,000、スニーカー¥105,000(すべてディオール オム/クリスチャン ディオール TEL:0120・02・1947)


着こなしトレンド⑦
ダッフルコートは細身でダークトーンのものをモードにこなす

2018年秋冬は、ダッフルコートに久々に袖を通したい気分。そこで狙いたいのはモードメゾンが打ち出す、細身のシルエットでダークトーンの1 着だ。着こなしもダーク系でまとめれば、学生っぽさも払拭できる。

コート¥330,000、トラックジャケット¥120,000、セーター¥150,000、パンツ¥75,000(すべてヴァレンティノ)、スニーカー¥107,000(ヴァレンティノ ガラヴァーニ/すべてヴァレンティノ インフォメーションデスク TEL:03・6384・3512)


着こなしトレンド⑧
デニムを大人らしく取り入れるにはウール素材のデニムで決まり
定番のデニムだが、今季は大人らしく上品な着こなしが新鮮だ。コットンではなくウール製の最新デニムは、カジュアルさとエレガンスをバランスよく併せ持ち、デニムスタイルに新風を吹きこんでくれる。

パンツ¥120,000、ダウンベスト¥462,000、セーター¥140,000、グローブ¥92,000、靴¥121,000(すべてブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパン TEL:03・5276・8300)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=前田 晃(人物)、 隈田一郎(静物) Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=MASAYUKI(The VOICE)