ホラン千秋、今でも忘れられない手触り ホラン千秋の閃き空間 「Baxter Tokyo」@東京都・表参道

「君のそばで寝そべっていれば幸せ。今、死んでもいいよ」とは、映画『シングルマン』で、恋人同士がソファで向かい合って読書をしている時のセリフ。生活空間って、幸せのバロメーターとも言えますよね。当たり前の日常を大切にしたいなって思う今日この頃です。

ドレス¥123,000、ブレスレット¥34,000、サンダル¥82,000(すべてEMPORIO ARMANI/ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL:03-6274-7070)、イヤリング¥8,000(HULL KELLY/トゥエル ジャパンTEL:090-6115-8282)

パオラ・ナヴォーネやドラガ&オーレルの作品が贅沢に揃う

パオラ・ナヴォーネの「マイアミロール」(中央奥)¥3,250,000~。

今回は、そんな日常を彩ってくれるイタリアの高級レザーを使ったソファ・ブランド「バクスター」のショールームをご紹介します。根津美術館からほど近い、南青山の閑静な場所へ、昨年12月に移転・リニューアルオープン。店内は300平方メートルとゆったりとした広さで、個室を含め7つのゾーンで素敵な空間が作られています。世界的に著名な建築家であり、プロダクトデザイナーのパオラ・ナヴォーネやドラガ&オーレルの作品が贅沢に揃い、総じてお洒落。いつかマイホームに、こんなセンスに溢(あふ)れ、それでいて自然な佇まいの家具が揃ったら......。思わず夢見てしまいます。

今でも忘れられない、あの革の手触り!

バクスターのアイコンともいうべきソファ「チェスター ムーン」(奥)¥3,560,000~と、背もたれと肘掛けが分かれたユニークな一品「パナマ ボールド」(手前)¥800,000~。

今でも忘れられないのは、あの革の手触り! こればかりは触った本人にしかわからないのが口惜しい。聞けば厳選された地域で育った、上質な牡牛(おうし)の革のみを使用しているそう。そのうえ、専門の職人さんたちが一点一点昔ながらの技法でなめしているからこそ、あの病みつきになる触り心地となっていたのでした。世界中の高級ホテルからもお呼びがかかるのも頷けます。ずっと触っていたくなってしまう心地よさなんですから。

だけど、いざこのソファが欲しい! と思っても、部屋のサイズと合うかどうかはまた別問題ですよね。そんな心配も無用です。サイズのカスタマイズはもちろん、欲しいソファに合う家具のトータルコーディネイトだってお願いできちゃいます。

まずは来て、見て、触ってみてください。英気を養えるような家具が待っていますよ。


「Baxter Tokyo」
住所東京都港区南青山4-18-16 フォレストヒルズWESTWING B1
TEL03-5413-8913
営業時間11:00~19:30
休み水曜日
URLhttp://baxter-japan.jp

イタリアのラグジュアリー家具ブランド「バクスター」の300平方メートルに及ぶショールーム。

Photograph=吉場正和 Styling=カワダ イソン(IMPANNATORE) Hair & Make-up=窪田健吾(AIUTARE)

*本記事の内容は17年2月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

ホラン千秋
ホラン千秋
Chiaki Horan 1988年東京都生まれ。青山学院大学卒業。『Nスタ』(TBS系、毎週月曜~金曜日15:49~19:00 ※地域により異なる)にてキャスターを務めている。
気になる方はこちらをチェック