古閑美保の常時100切りレッスン ~ドライバー編② インパクト・フォロー~

常にスコア100をたたかないように! その目標を叶えるために聞いてきました。ツアー通算12勝を誇り、2008年賞金女王に輝いた、 あの古閑美保プロに! ツアープロとしての豊富な経験に加えて、 引退したからこそ見えてきたアマチュアが上達しない原因を、 シチュエーション別に披露。 “コガミホ流”を会得し、常に100は叩かないようにしたい。


ヘッドは目標方向へ真っ直ぐに出す。

アドレスの次に重視するのが、なんとインパクトから先。「ボールに当たらなければ飛ばないでしょ!」が古閑理論の根幹。

編集部 アドレスの次に大事なのはバックスイングじゃなくて、インパクト以降なんですね?

古閑
 だってボールに当たらないと球は飛んでいかないですよね。バックスイングなんてどこに上がってもいい。ゴルフのスイングって上げて下ろすだけ。誰でもできることですよね。人間の身体の構造上、腕は大体同じところにしか上がらない。どこに上げようとか考えているから、上手くインパクトできないんです。

編集部
 ではインパクトからフォローにかけて大切なことは?

古閑
 ポイントはヘッドを振り抜く方向です。ヘッドはターゲット方向に真っ直ぐに出します。飛球線とクラブが平行になるように振り抜きます。

編集部
 身体の向きもターゲット方向に向けるんですか?

古閑 身体の回転を止めないことは重要なことです。私の場合はインパクトで腰が早く開いていくタイプなので余計にそう見えるんだと思います。ただ、インパクトの前で身体が開いてしまうのはダメですよ。インパクトからフォローにかけて身体とクラブを同じ方向に動かすイメージです。

編集部
 クラブを飛球線と平行にするって難しそうですが。

古閑
 目線を意識してみてください。フォローで目線が右方向を向いていると、身体全体の動きが右方向になります。目線をターゲット方向にするとヘッドを目標方向に振ることができます。インパクトでフェースが左を向いたり、右を向いたりするのは、振り抜く方向が間違っているからです。

編集部
 これができれば大きく曲がることはなくなりますか?

古閑
 今どきのドライバーはスイートスポットが広いので、少し打点がずれたくらいでも真っ直ぐに飛ぶし、飛距離も落ちません(笑)。


【POINT.1】
飛球線とヘッドの方向は平行になるのが正解。フォローでのヘッド位置を意識させる理由は、インパクト時での当てる動きを防ぐため。インパクトは重要だが、手先で当てる動きが入ると再現性が落ちてしまう。フォローを意識することでインパクトでのボールコンタクトの仕方も自然と安定するようになる。

ヘッドを振り抜く方向が大切です!

【POINT.2】
目線をターゲット方向に向ける意識を持ちながらスイングすると、身体の動きもその方向へクラブを振ろうと導かれる。目線の取り方が重要。

私のインパクトは腰が先行します。


【NG例.1】
ボールを上げようとするとヘッドが下から入って、フェースが開いた状態になる。すると、ヘッドを右方向にしか振り抜けなくなる。

【NG例.2】
インパクトで手をこねる動きを入れるとフェースがかぶって左への引っ掛けになる。手先を使わずに身体の回転を重視しよう。

【NG例.3】
ボールを上げようとするとあおり打ちになるので、目線が右を向きやすくなる。すると身体の動きも右方向へ引っ張られてしまう。


Direction&Text/出島正登 Photograph/小林 司 Cooperation/カメリアヒルズカントリークラブ

古閑美保の常時100切りレッスン ~ドライバー編③~


古閑美保
古閑美保
1982年熊本県生まれ。プロ転向は2001年で、ツアー通算12勝を上げている。’08年には賞金女王に輝くなどツアーの中心選手として活躍していたが、’11年に突然の引退表明。現在はバラエティ番組に出演するなど、多方面で活躍している。’17年に男子プロゴルファーの小平智選手と結婚し、妻として夫を支える。今でも女子ゴルフ界の姉さん的存在。
気になる方はこちらをチェック