【2018年読まれた記事BEST5】古閑美保の常時100切りレッスン

常にスコア100をオーバーしないように! ツアー通算12勝を誇り、2008年賞金女王に輝いた、あの古閑美保プロによるゲーテウェブ屈指の大人気企画。ツアープロとしての豊富な経験に加えて、 引退したからこそ見えてきたアマチュアが上達しない原因を、クラブ別に披露。 今回は【2018年、ゴルファーに読まれた記事ベスト5】をピックアップ。


【2018年読まれた記事5位】 ~アイアン編⑤ ダフらなくなるドリル~

アイアン編の締めとして、古閑美保先生から縦振りができるようになる簡単ドリルを教えてもらった。細かい部分を意識しなくても振れば誰でも縦振りになる!


【2018年読まれた記事4位】 ~アイアン編① インパクトのイメージ~

古閑美保先生はミスをするならダフリよりトップのほうがいいと言う。理由はボールが前に行くからとのことだがその真意をさらに聞いてみた。


【2018年読まれた記事3位】~ドライバー編③ 下半身の意識~

インパクトからフォローの動きをさらによくするための練習法を教えてくれた。それが打ち終わったあとに歩きだすこと!


【2018年読まれた記事2位】 ~ウェッジ編② "ゆるく"じゃなく"ゆっくり"が正解〜

私は緩むタイプじゃないから振り幅を小さくすることは抵抗なくできるんです。緩む人のパターンは、例えばフルショットが100%だとして、距離を落とすときは70%で振ろうとする。でも……


【2018年読まれた記事1位】~アイアン編② 上半身の使い方~

アイアンの軌道は縦振りにするのがポイントだと古閑美保先生は言うが、どのようにすれば縦に振れるようになるのだろうか⁉



古閑美保
古閑美保
1982年熊本県生まれ。プロ転向は2001年で、ツアー通算12勝を上げている。’08年には賞金女王に輝くなどツアーの中心選手として活躍していたが、’11年に突然の引退表明。現在はバラエティ番組に出演するなど、多方面で活躍している。’17年に男子プロゴルファーの小平智選手と結婚し、妻として夫を支える。今でも女子ゴルフ界の姉さん的存在。
気になる方はこちらをチェック