バケーションの場としてもビジネスの場としても最注目!【ニセコブームの謎まとめ】

スイスアルプスよりも極上だと評価される、パウダースノーを求めて、世界各地からセレブが集うエリア、北海道・ニセコ。高級ホテルや分譲型レジデンスなど、開業ラッシュを迎え、街ですれ違うのは外国人が9.5割。バケーションの場としても、ビジネスの場としても、最注目のニセコに刮目せよ! そこには日本人が知らない新たなるニセコの魅力がある。


東京にいる必要はもはやない! 新しい地方ビジネスの形がそこにあった【ニセコブームの謎①】

都会から田舎へ移住するといえば、最前線から一歩引いて悠々自適な生活を送るためというイメージだが、ルピシアの代表取締役会長・水口博喜さんの場合はまったくの正反対。ニセコに移住してからも歩みを緩めるどころか、逆に新しい事業の拡大に目が向いているという。


なぜニセコに続々と高級ホテルが建設されるのか?【ニセコブームの謎②】

ホテルの目前に広がる雄大なゲレンデ、 羊蹄山という圧巻の眺望、至極の温泉……。 各国のVIPを癒やす極上空間がニセコに立ち並ぶ。高級ホテル、群雄割拠の様相を呈しているのはなぜなのか。日本人が知らない新たなるニセコの魅力に迫る。


世界的なシェフや注目のクリエイターが続々と進出する理由とは?【ニセコブームの謎③】

外国語表記の看板が当たり前のように並び、華やかな雰囲気の通りを行き交う人々は、ほとんどが外国人。店を覗くと、自分以外の客がみな外国人であることが珍しくない。そんな今のリアルなニセコをより体感できるレストランやバーを紹介。


シャンパーニュメゾン、ヴーヴ・クリコも認めたリゾート【ニセコブームの謎④】

この冬、ニセコが鮮やかなイエローに染まった。このエレガントなイエローの正体は、最高級シャンパーニュ、ヴーヴ・クリコ。世界各地のラグジュアリーなスキーリゾートエリアをジャックするイベント「ヴーヴ・クリコ イン ザ スノー)」が今年はニセコで開催されたのだ。