プロ御用達の“飛ぶ”と噂の最新シャフトを検証【ゴルフギア】

プロ御用達のグラファイトデザインの最新モデル「G」が注目を集めている。“飛ぶ”と噂のシャフトの性能を紹介する。

プロゴルファーがこぞって愛用するシャフトの秘密

飛ばしたいと思うのがゴルファーの性だが、そこで重要になるのがシャフト選びだ。

今回紹介するグラファイトデザインの新ブランド「G」はまさに"飛び"に特化したシャフト。

ブランド名には「anti-Gravity(アンチグラビティ)、重力に逆らって世界の果てまで飛んでいけ」という想いが込められている。

グラファイトデザインといえば、有村智恵などのプロが多く愛用するシャフトでアマチュアには少しハードな印象もあるが、「G」はヘッドスピード40m/s程度を想定。アマチュアのために作られたシャフトと言っても過言ではない。

特徴はヘッドの走りやすさとしっかりとした打ち心地。先端部がしなるシャフトにありがちな、単に弾きが強いだけではない、捕まりのよさは従来の特性もバランスよく注入されている。

飛距離の自己ベスト更新のために投入してみてはいかがだろう。

POINT① 先端の走り感と手元の粘り感の融合
先端をしならせ、ヘッドが走りやすい設計にしつつ、手元には粘り感を持たせ、ボールの捕まりをよくすることで、スイング時の弱々しさを感じずに気持ちよく振り切れる。走り感と粘り感を絶妙に融合させることでしっかりとした打ち心地を実現。

POINT② スタイリッシュな幾何学デザイン
グラファイトデザインは縞模様がおなじみだが、新ブランド「G 」はデザインも一新した。2年の歳月を経て完成した新コンセプトのシャフトは、幾何学的な印象で、重力に逆らって飛ばすことを強調。スタイリッシュなデザインは物欲も満たしてくれる。

ドライバー用は40g台の「aG33-4」と50g台の「aG33-5」の2タイプ。さらにフェアウェイウッド用の「aG33-4FW」と「aG33-5FW」もラインナップ。どのタイプも、キックポイント(最もしなる部分)は先端部で、飛距離を伸ばすための要素が詰まった軽量シャフト。ドライバー用¥40,000、フェアウェイウッド用¥25,000


問い合わせ
グラファイトデザイン TEL:0494-62-1170


Text=出島正登 Photograph=隈田一郎