今秋注目したい日本のサステナブルブランド「Text」【ファッションアドバイザーMB】

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。ビジネスパーソンにとって好印象を持たれることは非常に重要。そこでMBにビジネスに効く、 いま投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。


世界的な広がりを見せる「サステナブル」

「サステナブル」。”持続可能”を意味するこの言葉を近年多くの場所で見かけるようになりました。スターバックスのストローは気がついたらプラから紙へと変化しています。イケアでは電球型蛍光灯は全てLEDにされています。気がつけばあれもこれも。世界は着実にサステナブルに向けて動き始めています。

さて実はそんなサステナブルの動きに特に顕著なのがファッション業界。ブランドはこぞって動物性のファーやレザーの使用を禁止し、サステナブルなクリエーションを打ち出しています。高級品であるレザーやファーをメインで使っていたハイブランドなども、合皮やアクリル毛皮など代替品に順次差し替えが始まっているほど。それもそのはず、実はファッション産業はエネルギー産業に次いで環境負荷が高いと言われています。動物性のファーやレザーだけでなく、例えば染めに使う染料などは水質汚染を招くものも多く、責任は極めて大きい。

そうしたハイブランドの流れを受けて、「サステナブル」は社会的な意義を超えてファッション的価値にまで到達しようとしています。つまり「サステナブルであるべき」というよりは「サステナブルであることが格好いい」という感覚です。日本ではまだこの意識が希薄ですが海外では着実に広がっています。「リアルファーが格好いい」「フェイクレザーが格好いい」といったような外見の評価だけでなく、「サステナブルな素材を選んでるのがオシャレ」というように格好よさに「内面的な意味」を求め始めているのです。

本質的に本当に動物性ファーよりフェイクファーなどの化学繊維品の方がサステナブルか? と言われると実はそうでない説もあります。フェイクファーなどの化学繊維品は生産時・洗浄時に汚染物質を排出しており、「本当はどっちがサステナブルか?」には様々な議論がつきまといます。それを挙げて「ファッションが謳う”サステナブル”は見せかけだ」と批判する人も多いのですが、そうした議論はまた別の機会に。本質はどうあれともあれ今ファッション業界は「サステナブルが格好いい」というトレンドに湧いています。それが薄っぺらいお題目でしかないのか、それとも本当に意義あることなのかはブランドやデザイナー次第でしょうが、「格好よさ」と「サステナブル」が紐付き始めていることは事実です。

サステナブルをベースに本質的なモノ作りを行うブランド

さてそんなサステナブルの流れは海外が顕著と書きましたが、実は日本でもそうした取り組みに真剣に向き合うブランドが生まれています。それが中目黒を拠点に活動するブランド「Text」。食品などで見かけるトレーサビリティを掲げたブランドであり、このアイテムがどこの素材でどの工場でどのように作られたのか、を全て表示することをしています。使うアイテムはサステナブルを強く意識しておりオーガニックコットンやオーガニックウールなど、それも見せかけだけでなく実際の生産現場……それこそ綿花を積むところから監修に入り本当の意味でのサステナブルなモノ作りを徹底して行なっているのがこのブランドです。

この秋冬からローンチ開始の新しいブランドですが、既に展開店舗も多く完売も多いのがこのアイテム。単にサステナブルな素材使いというだけでなく、このブランドはアイテムの背景まで着目したモノ作りが得意。トレンチコートといえばイギリスの発明品ですが、当時イギリスのトレンチコートなどはイギリス領であるインドで素材を生産していました。その背景を意識してこちらもインド製のコットンを選んでオリジナルに忠実にものを作り込んでいます、それももちろんサステナブルな「オーガニックコットン」で。

モノの原点やオリジナル性から着想するものの、シルエットなどは現代的なトレンドを盛り込んでおり決して単なる「懐古主義」に陥ってないのもいいバランス。おお振りシルエットは今のトレンドをしっかりと繁栄しており、素材の説得力と相まって独特の雰囲気を与えてくれます。

値段は10万円ほどとかなり高価ですが、年を重ねるほどブランドロゴを全面に出したきらびやかなブランド品よりもこうした本質的なモノ作りの方が魅力的に感じます。大手百貨店などでも取り扱っていますので是非手にとってみてください。世界的な動きであるサステナブルと、本質から着想する確かなモノ作りは、ある程度目利きがきく人ほど反応できるはずです。

MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。


着こなしが一気に"高見え"するエナメル靴の選び方

30代以上必携! センスのいい体臭・口臭・加齢臭ケア3品

MBのファッション記事をまとめて読むにはこちらをクリック!