アイヴァンの「新定番」と「ロングセラー」【時を超えて愛されるにはワケがある】

ITにより瞬時にモノが拡散・消費される現在。 そんな時勢でも求め続けられるロングセラーと、流されず定番にならんとするモノがある。その時代を超越して愛される理由を紐解く。


新定番
ウェリントンフレーム「323」
伝説のファッションブランド、ヴァン ヂャケットが原点のアイヴァン 7285。2019春夏の新作モデル「323」は、 リムが細めでレンズの縦幅も広すぎない設計。大人らしい知的な表情で、 ビジネスでもかけやすい新定番ウェリントンだ。モダンな雰囲気のフロントと、テンプルに施されたメタルパーツの絶妙なバランスにより、クラシックになりすぎず採り入れやすい。

眼鏡各¥40,000 (すべてアイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウTEL:03·3409·7285)


ロングセラー
ボストンフレーム「553」
メタルリムにアセテートを巻きつける、アイヴァンの1980年代のモ デルから着想した製法を採用するボ ストンフレームが「553」。ブリッジやヒンジ部分に唐草模様を施すなど、 クラシックな表情が成熟した男にこそ似合う。

¥39,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウTEL:03·3409·7285)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ)  Photograph=隈田一郎 Styling=久保コウヘイ