できれば誰にも教えたくない ホテルの特等席【保存版】

漫然と案内される席に座っているようでは、ホテルを使いこなしているとは言い難い。知る人ぞ知る絶好ポイントをゲーテが独自に取材。特別な場所を日常使いしたい。

抜群のアクセスを誇るラウンジ

東京駅に位置しながら雑踏を逃れるオアシス

 狙いたいのは、まだ人の少ない午前中のひと時だ。
 東京駅丸の内南口の改札を出ると、頭上に保存復原されたドームが現れる。そこから、ほんの10秒ほど歩き、行き交う人の群れから外れて扉を潜る。すぐそこには、ヨーロピアンクラシック調で内装を統一した『ロビーラウンジ』がある。
 陣取るべきは、窓際の隅のソファがいい。天井高5mの大空間を一望できるからだ。ネルドリップで供される香り高いトアルコトラジャブレンドコーヒーを口に運べば、リラックスしつつも背筋が伸びる気分。頭もぐっと冴えてくる。しばし誰にも邪魔されず、アイデアを練ったり構想を立てたり。クリエイティヴな作業に没頭するのに最適な環境がここにある。
 抜群のアクセスを誇るだけに、人と落ち合ったり、手早いミーティングをこなすのにも重宝する。ビールからカクテルまでアルコールも揃い、仕事帰りのクールダウンに使うのもいい。
 国の重要文化財である駅舎の中に位置する、当ホテル。自分だけの“パワースポット”使いができる場となるはずだ。

丸の内 東京ステーションホテル
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
TEL:03-5220-1111
URL:http://www.tokyostationhotel.jp/

ロビーラウンジ
営業時間:8:00~L.O.21:30(土曜10:00~、日曜・祝日L.O.19:30) ※席は予約不可
TEL:03-5220-1260

誰にも気づかれない貸し切りバルコニー

秘密の限定席には特別な時間が流れる

 広すぎず狭すぎずのほどよいサイズ感と、インテリアデザイナー橋本夕紀夫氏による洗練された設え。正面玄関を入りすぐのダイニング「ザ・ロビー」は、いつも温かみと活気に溢れる。
 そんな居心地のいい場から、ふと吹き抜けの空間を見上げると、左右一対の張りだしたバルコニーが。左側のほうにはピアノが置かれ、生演奏が届けられている。右側に目を移すと、テーブルセットがひとつ。そこも『ザ・ロビー』の一角という。ただしいつも使えるのではなく、1日1組限定の特別席である。

 オーダーできるメニューはプライベートアフタヌーンティー。自家製スコーン、キッシュにタルト……。三段重ねのプレートは品数豊富なので、時間をかけて味わいたい。約20種類の紅茶や、シャンパン、ワイン、ソフトドリンクはお替わり自由。午後のひと時をゆっくり過ごすのにうってつけだ。
 こちらの姿にはほぼ誰も気づかないが、席からは階下のロビーが眺め渡せる。隠れ家に引きこもったような秘密めいた楽しさと、ほんのちょっぴりの優越感に浸れるのがたまらない。

日比谷 ザ・ペニンシュラ東京
住所:東京都千代田区有楽町1-8-1
TEL:03-6270-2888(代表)
URL:http://www.peninsula.com/tokyo/jp

プライベート アフタヌーンティー
営業時間: 14:30~17:00 1日1組(4名まで)限定
¥7,500(お替わり自由のシャンパン、赤・白ワイン、ソフトドリンクつき)
※12歳以下は利用不可。2日前までに要予約
TEL:03-6270-2731(ザ・ロビー)

秘書的フォローも万全のビジネスセンター

突発的なビジネスにも対応できる“臨時支社”

 自分のオフィスと同等、もしくはそれ以上の機能と快適さを堪能できるスペースだ。
 PC、プリンターが常備されたL字型のデスクの前には適度な硬さの椅子。プログレバンドのキーボード奏者のように身体の向きを変えるだけでほとんどのデスクワークが行える。
 プライベートでのホテル滞在時に突発的なビジネスが生じた時も、約30分で名刺を作ってくれる(片面1色100枚で3300円)。8時から22時までは常駐スタッフが仕事をフォロー(土曜・日曜、祝日は9~20時)。会議室も併設されており、臨時の“支社”と言ってもいいほどの環境だ。ビジターでも使用できるのも、使い勝手がいい。

設備はコピー、ファクス、PC(Mac、Windows)、インターネット、通訳・翻訳手配、名刺印刷、バイク便、国際クーリエほか。(すべて有料)
六本木 グランド ハイアット 東京
住所:東京都港区六本木6-10-3
TEL:03-4333-1234(代表)
URL:http://tokyo.grand.hyatt.jp/

ビジネスセンター
会議室:ゲスト1時間¥10,500、ビジター1時間¥21,000※ディスカウントレートあり。要問い合わせ
インターネットスペース:10分¥420、30分¥1,050、プリント&コピー1枚モノクロ¥105、カラー¥210※PC持ち込みの場合はレセプション横の机を無料で使用可能

お濠の石垣と緑の競演。心地よい絶景ポイント

 千代田区丸の内1の1の1。由緒正しき地に佇むホテルで、ぜひ訪れたいのが『グランド キッチン』のテラス席だ。眼前に広がるのは、和田倉噴水公園の豊かな木々とお濠の石垣。大きな2羽の白鳥は、ここで休憩することが多く水面を優雅に進む。この取り合わせは、この席ならではの絶景だろう。とりわけ左奥の角席は、和田倉橋も見渡せ、特別な風情を感じられる。

162席中50席を占めるテラス席だが、天候の関係もあり、予約は不可。屋外用ガスヒーターが設置されているので、一年中利用できる。

 6時から営業しているので、清々しさが漂う朝は狙い目。活気を帯びたランチタイム、静かな闇に包まれる夕暮れ時、時間帯によって異なる美味を味わえる。何時に、誰を誘い、何を食べようか。そんな贅沢な迷いを与えてくれる場所だ。

大手町 パレスホテル東京
住所:東京都千代田区丸の内1-1-1
TEL:03-3211-5211(代表)
URL:http://www.palacehoteltokyo.com/
オールデイダイニング グランド キッチン
営業時間:6:00~23:00(朝食6:00~10:30)
162席(テラス席50席含む)・個室2室
TEL:03-3211-5364

1室のみのプライベート ダイニング

夜景、シェフ、サービス すべてを独占する贅沢

 東京スカイツリーと東京タワーを同時に望む煌びやかな夜景。そんな豪華絢爛な風景を独占するプライベート ダイニングが、パーク ハイアット東京40階に存在している。
 ホテル内にたった1室という、まさに隠れ部屋と呼ぶにふさわしい個室。室内はダイニングテーブル1卓のみで、この席に着く客だけのために、隣接したオープンキッチンでシェフが腕をふるうという、なんとも贅沢な趣向だ。

ウェイティングルームも併設。食前酒を楽しむのにも最適な洒落た空間。ホテル40階の一角にある。

 ヨーロピアンブラッセリー『ジランドール』が主となるが、好みや目的に合わせて日本料理『梢』、インターナショナルをテーマにした『ニューヨーク グリル』の料理をリクエストすることも可能。ゲストの要望に応じて、自由自在にアレンジしてくれる。
 食事中は専任のスタッフがサービスを担当。パーク ハイアットらしい洗練されたもてなしは、大切な接待などのビジネスシーンに心強い味方になってくれる。もちろん、プライベートタイムにも。大切な女性や家族を招いての一夜は、記憶に残る時間となるはずだ。

西新宿 パーク ハイアット東京
住所:東京都新宿区西新宿3-7-1-2
TEL:03-5322-1234
URL:http://tokyo.park.hyatt.jp/
プライベート ダイニング
個室料:3時間¥20,000。1時間につき追加料金¥10,000
コース料理¥15,000~
4~10名利用可
TEL:03-5323-3459(ジランドール)

東京のトワイライトタイム&眺望を独占する死角シート

時間の経過とともに変わりゆく美観に感激

 眼下に浜離宮の緑を擁し、東京湾の向こうにレインボーブリッジ。間近で瞬くビル群は発展著しいベイサイドエリアだ。緑と海、そして、街が共存する、その光景は今の東京そのもの。コンラッド東京、バー&ラウンジ『トゥエンティエイト』の絶景だ。時の経過により印象が変わるのも一興。トワイライトタイムこそマジックアワーで、日が落ちるにつれて緑が暗く沈みこんでいく一方、蒼く浮かび上がるのは海。刻一刻と変わりゆく眺望は感慨に耽(ふけ)るほど美しい。
 一段高いラウンジスペースや、窓のほうを向いて座るカウンターなど、多彩な空間性を誇る『トゥエンティエイト』だが、なかでも店内の最奥部、暖炉を背にした一席は特等席。周囲から隔絶された一種の死角で、窓外の眺望を独占する静かな時間が流れる。食前の待ち合わせでこの席を指定すれば、ホテルのすべてを知り尽くした上級者の風格を、相手も感じるだろう。

汐留 コンラッド東京
住所東京都港区東新橋1-9-1
住所東京都港区東新橋1-9-1
TEL:03-6388-8000(代表)
URL:http://www.conradtokyo.co.jp/
バー&ラウンジ 『トゥエンティエイト』
営業時間:17:00~24:00
(バータイム)

四季を感じるバルコニーつき632号室

絶妙のバランスで緑を望むならこの部屋を

 1800坪もの広さを誇る、野趣溢れる日本庭園。樹齢数百年を数える木々が天高く伸び、葉が豊かに生い茂るそのさまは、ここが都心であることを忘れさせるほどだ。豊かな自然を間近に感じたいなら、予約すべきは6階の632号室である。
 第一の理由は、各階に2室しかないバルコニーつきのラグジュアリールームだということ。しかも、都心のホテルには珍しくバルコニーに出られるため、自然をより実感できる。 

 第二の理由は、「32」のナンバーを持つ客室が、木々を正面に捉えられる絶好の位置にあるということ。
 そして、窓の外を彩る木々と空のコントラストが絶妙な、6階という高さ。3つの条件を満たす632号室が、やはりベストな選択といえよう。
 最近は紅葉が遅く、12月でも楽しめるとか。短時間でリフレッシュできる憩いの場として、おさえておきたい一室だ。

白金台 シェラトン都ホテル東京
住所:東京都港区白金台1-1-50
TEL:03-3447-3111(代表)
URL:http://www.miyakohotels.ne.jp/tokyo/
コンフォートフロア ラグジュアリー
1室(40平方メートル) ¥44,100~
4~6階のコンフォートフロアは、日本とアジアの伝統文化と西洋文化のモダンを融合したスインテリアが特徴。こだわりのシェラトン・スイート・スリーパーベッドをはじめ、快適性が高いのも支持される理由だ。

天空のバーでマイシガーを味わう愉悦

愛煙家の手間を引き受ける、細心のサービス

 豊かな香りのシガーが生む己と向き合う時間、ハードリカーと味わえば沈思黙考の静寂に浸れる。嫌煙が声高に叫ばれる昨今、そんな桃源郷は数少ない。
 ならば自宅で、と思うがシガーは品質管理が難しく、それ相応の設備とマメさが必要だ。そうした煩わしさをすべて引き受けるのが、ザ・リッツ・カールトン東京『ザ・バー』。タンクとファンが備わる専用シガーロッカーを持ち、温度、湿度ともに完璧な状態で大切なシガーを保管。さらに営業時間外でも24時間出し入れ自由。外に持ちだしてもいいし、無論、このバーで至福の1杯と楽しむこともできる。ちなみに、全部で10ボックスあるシガーロッカーだが、現在の空きはわずかにふたつ。愛煙家は急いだほうが賢明だ。

プライベートシガーロッカー 3年前から始めたサービスで愛煙家に好評。レジデンス居住者や、スパに通う常連でほぼ毎日利用する人も。温度は20度、湿度70%というシガーに最適な環境で保管、専用キーで管理する。海外でお気に入りの銘柄を箱買いした時など、何かと重宝。1ボックスにつき、保管料として6カ月¥50,000。24時間利用できる。
六本木 ザ・リッツ・カールトン東京
住所:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
TEL:03-3423-8000(代表)
URL:http://www.ritz-carlton.jp/

ザ・バー
天空のバーが待つ45Fへ。60種類以上の上質なシガーも揃う。
営業時間:17:00~24:00(金曜・土曜~翌1:00)

誰の目も気にならないカップルシート

個室より親密になれる3ツ星のソファ席

 レストランの上席はフロアの奥、という常識に囚(とら)われていたら、真の特等席を知ることはできない。当ホテル36階の『ピエール・ガニェール』で選ぶべきは、入ってすぐ右側のソファ席。他のテーブルの知人に遭遇する心配もここなら無用。フロアを通ることなく、人知れずそっと着席・退席が可能というわけだ。通路側を背に湾曲したハイバックソファは、座れば顔もほとんど見えず、誰の目も気にすることなくふたりの時間をじっくりと過ごせる。

旬の素材を独創的なプレゼンテーションと味で表現する。写真はクリスマスディナーコース¥23,000(2013年12/20~12/25)

 皿の上の芸術とも称されるフランス料理を味わいながら、目の前には東京の夜景。確実に女性の心を掴むには、うってつけの席になるはず。

溜池山王 ANAインターコンチネンタルホテル東京
住所:東京都港区赤坂1-12-33
TEL:03-3505-1111(代表)
URL:http://www.anaintercontinental-tokyo.jp/
ピエール・ガニェール
営業時間:12:00~L.O.14:00、18:00~L.O.21:00
定休日:月曜
TEL:03-3505-1185(予約センター9:00~19:30)

快楽におちてゆく耳かきの個室

 ホテル1階の理容室『デボネール』には個室があり、耳の総合ケアをしてくれる。もちろん、単なる耳掃除とはワケが違う。耳の洗浄に始まり、専用ジェルを使っての耳全体と首筋のマッサージ、手製の耳かき数種を使った耳奥までの掃除、さらに頭からデコルテまで、リンパの流れに沿って入念にマッサージ。ひととおり施術を受けた70分後は気分爽快。両耳は輝き、上半身が軽くなり、聴覚が鋭敏になるからか集中力もぐっと増す。

耳かきの道具は手製。竹をさまざまなサイズに削り、どんな耳にも対応させる。

「デキる男性は皆さん、耳が輝いています。耳の外も奥も意外なほど人から見られていますよ」と、耳ケアを知り尽くした代表・高橋光さんは熱く語る。最上級の耳掃除で男を磨こう。

西新宿 ハイアット リージェンシー 東京
住所:東京都新宿区西新宿2-7-2
TEL:03-3348-1234(代表)
URL:http://www.tokyo.regency.hyatt.jp/
理容室『デボネール』
営業時間:10:00~19:00 (最終受付18:30)
デボネールイヤーエステ70分¥8,400
オプション:ハンドマッサージ¥2,100、フットケア¥3,150~
TEL:03-3345-0867

東京の新夜景と鉄道ロマンを語る部屋

すべての部屋の窓から東京の今を満喫できる

 東京駅前の高層階に位置するホテルゆえ、眺望のよさは全室共通。そのなかでも究極の眺めを欲するなら、各階「18」の番号のつく部屋を選びたい。角部屋にあたる「ホライゾン プレミア ルーム」は、2方向にわたって東京の大パノラマが広がる。

「18番」の角部屋は各フロアに1室ずつ、計6室ある。

 まず西側の窓を覗(のぞ)くと、眼下に東京駅の全貌が。ミニチュアのような赤レンガの駅舎に、山手線や新幹線が車体を輝かせながらホームに滑りこみ、鉄道ファンならずとも心が浮き立つ。

東京駅を行き交う列車の光と夜の街を走るクルマのライトが交錯する。丸の内の最新鋭オフィスは、ゴールド系の上品な照明が多いといわれる。ビルとビルの間には、皇居の深い杜(もり)も垣間見えた。

 暗くなるにつれて、丸の内ビル群の窓に無数の灯(あか)りが煌き、夜の東京の新世界が始まる。灯りの中には忙しそうに働くビジネスマンの姿や、華やかなレストランの光景が見えて、都会のワンシーンに想いを馳せたくなる。さらにその向こうには、皇居や新宿の高層ビル群まで望むことができる。
 さらに北側の窓へ移ると、そこにはそびえ立つ東京スカイツリーの姿。日が暮れると、青白く上品なライトアップが闇夜にくっきり浮かび上がっている。
 他に類を見ないほど今の東京を満喫できる、まさに「いいとこ取り」の部屋なのだ。

丸の内 シャングリ・ラ ホテル 東京
住所:東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館
TEL:03-6739-7888(代表)
URL:http://www.shangri-la.com/tokyo/
ホライゾン プレミアルーム
68平方メートルとたっぷりの広さを持つ角部屋で、2方面に窓を持つ開放的な空間。バスルームからも眺望を楽しめ、東京スカイツリーを独り占めした気分に浸れる。厳重な遮音構造を取っており、深い静けさも約束されている。

庭の緑に癒やされるバーの窓際シート

昼下がりの大人の贅沢を楽しむバー

 お昼時のロビーの喧騒を横目に、扉を開ければそこは別世界。静寂に包まれるここ『ザ・バー』のオープンは実は午前11時。早い時間から思い思いの時を過ごす海外エグゼクティブも多いこのオーセンティックなバーで、目指すは窓際のチェア。この席に座れば窓の外は一面緑。4月にオープンした「ウェスティン ガーデン」を堪能できる特等席なのだ。景観アーティスト石原和幸氏が手がけたガーデンは、壁面にも緑を配し、春になれば桜はもちろん、この時季(11月)ならケイトウ、千日紅など可憐な花が彩りを添える。また、ハーブガーデンもあり、夏には栽培されたミントを使ったモヒートなども楽しめる。バーのあとはガーデンの散策を。木々の間から聞こえる鳥のさえずりが、都会を忘れさせるひと時になるはずだ。
 四季の移ろいを感じる緑を眺めながら、シガーとウイスキーでひと息つく。そんな男の贅沢な時間はこの席で。

開業以来人気の特製メンチカツサンドウィッチ(¥2,250)ほか、食事のメニューも豊富に揃う。ウェスティン オリジナル モヒート(¥2,000)はダークラムベースでシガーとの相性抜群。※価格はサービス料込
恵比寿 ウェスティンホテル東京
住所:東京都目黒区三田1-4-1
TEL:03-5423-7000(代表)
URL:http://www.westin-tokyo.co.jp/
ザ・バー
営業時間:11:00~翌0:30
禁煙席なし
TEL:03-5423-7285

目移りするほど多種多様なコンセプトルーム

個性溢れる空間で住むようにリラックス

 今年で開業10周年を迎え、新たに「ロイヤルパークホテル ザ 汐留」に名称変更。このリブランドを機に、24階から38階に位置する487の客室を、今後数年間でリノベーションしていく予定だ。
 そのなかでも注目すべきは、次の10年を見据え、渾身の大改装を施した特別階『ホテルライフスタイル アーケード』。その第1弾として発表されたのが、ザ・コンランショップやIDC大塚家具などの洗練されたブランドが、上質な日常や暮らしをテーマに趣向を凝らして作り上げたコンセプトルームだ。
 小規模なリフォームや期間限定のコンセプトルームは他のホテルにもあったが、床材や壁紙にいたるまで、これほどの大規模な改装を行い、定番化させた客室は珍しい。この10年、常に稼働率はトップクラスだったが、これらの部屋でさらに勢いを増しそうだ。どの部屋に泊まろうか、悩みも増す!?

汐留 ロイヤルパークホテル ザ 汐留
住所:東京都港区東新橋1-6-3
TEL:03-6253-1111(代表)
URL:http://www.rph-the.co.jp/shiodome/コンセプトルーム
ザ・コンランショップ:エコノミーダブル(20平方メートル)1室¥28,875、ジュニアスイート(57平方メートル)1室¥69,300
IDC大塚家具:3種類。各スタンダードダブル(26平方メートル)1室¥36,960ほか、堀木エリ子氏、ボーコンセプトによるコンセプトルームも有り

ジョン・レノンが愉しんだバーのコーナー席

ジョンが愛した座席が往時そのままに残る

 重厚なスコティッシュバーの、最も奥まった位置にあるボックス席。カウンターから一番遠く、人目につきにくいこの席を目当てに、訪れる客が絶えない。その理由は、ジョン・レノンが愛した席であるため。ジョンはホテルオークラ東京を好み、日本に滞在中は常宿として利用していた。ちなみに「スターティング・オーヴァー」の元になった「マイ・ライフ」の作詞原稿は、オークラの便箋に書かれたという逸話も残されている。

常連客が多いオーセンティックなバー。昼はビートルズナンバー、夜はジャズが流れる。

 そんな滞在中に決まって訪れていたのが、ホテル別館1階にある『バー ハイランダー』。ジョンは酒をほとんど飲まず、いつも紅茶をオーダーしたという。店内にはタータンチェックの絨毯が敷き詰められ、スコットランドの進軍太鼓を利用したテーブルが置かれている。紅茶を味わいながら、故郷・英国のムードに癒やされていたのだろうか。現在も紅茶はオーダー可能だが、200種類以上揃うスコッチウイスキーも愉しんでみたい。希少なシングルモルトが充実しているのも、このバーを語るうえでは外せない魅力のひとつだ。

虎ノ門 ホテルオークラ東京
住所:東京都港区虎ノ門2-10-4
TEL:03-3582-0111(代表)
URL:http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/
バー ハイランダー
営業時間:月曜~土曜11:30~翌1:00、日曜・祝日11:30~24:00(パブアワー11:30~16:00、ティータイム13:30~16:00)

エレベーターで昇った先にある唯一の個室

ハレの日がさらに輝く特別個室ですき焼きを

 ロビーの渡殿を抜けた先にある“離れ”。ザ・キャピトルホテル 東急の日本料理『水簾』には、専用エレベーターでしかたどりつけない特別個室がある。
 4階にわずかに1室。プライバシーが完全に守られた「月」は、茶室を思わせる端正な意匠の美空間。10名まで着席できる大テーブルに、傍らにはイサム・ノグチのコーヒーテーブルを備えたラウンジもあり、贅沢なゆとりが確保されている。一面の窓は季節の緑が趣ある借景となり、夜には中庭の池に反射する風雅な月を愛でることも容易。庭へと出れば日枝の社や赤坂のビル群も間近にでき、一角には豊かな緑に囲まれた石台も整う。

『水簾』の店内奥にひっそり設けられたエレベーターで4階へ。専用レストルームもあり、他の客と顔を合わせることなく過ごせる。

 料理のもてなしもまた格別。創意工夫を凝らした懐石料理に、銘柄牛が月替わりで堪能できるすき焼きは個室でしか味わえない逸品。熟練の女性スタッフがつきっきりで焼き上げ、だしの効いた上品な割り下と選りすぐりの卵でいただく牛肉は、あまりに美味で恍惚感を抱くほど。
 永田町という土地柄、接待が主体だが冠婚葬祭での会食利用も多い。この特別個室ほど、誠意を示せる場はないだろう。

永田町 ザ・キャピトルホテル 東急
住所:東京都千代田区永田町2-10-3
TEL:03-3503-0109(代表)
URL:http://www.capitolhoteltokyu.com/ja/

日本料理『水簾』
営業時間11:30~L.O.2:30、17:30~L.O.21:30
「月」個室料5名以上 昼¥20,000、夜¥30,000。4名以下昼¥30,000、夜¥45,000
TEL:03-3503-0873

Text=山内宏泰、村上早苗、神舘和典、川岸 徹、田代いたる、牛丸由紀子、近沢晋治、粂 真美子
Photpgraph=岡村昌宏、金子美由紀(Nacasa&Partners)、鈴木拓也、星 武志、高野二郎(Nacasa&Partners)、藤谷清美、菅野祐二、高島 慶(Nacasa&Partners)

*本記事の内容は13年11月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい