流行のチェック柄を大人が着こなす2つのポイント【MB】

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。彼にビジネスパーソンのための、 いま投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。  


色数が増えれば増えるほど柄はカジュアルな印象に!

今年は柄が流行、特にこの秋冬はチェック柄が人気です。チェック柄……と言ってもどんなものを選べば良いか迷ってしまいますね。アメカジを経験してきた40代以上の方ならば「チェック」と聞くとついついカラフルで派手なネルシャツを連想してしまいそうですが、今年のトレンドはそうしたものではありません。

大人がチェック柄を上手に使うためには程よく落ち着いた柄使いのものを選ぶべき。トレンドもあまり派手でギラギラしたものよりもおとなしい無地に近いようなチェック柄が好まれています。そこで指針として覚えておくべきは「色数」と「色彩」です。

チェックに限らず洋服における柄の鉄則ですが、色数が増えれば増えるほど柄はカジュアルで子供っぽくなります。例えば青一色よりも赤に青に緑にと色数が多い方がカジュアルな印象が出るもの(ただしこの時色数は黒白などのモノトーンはカウントしません)。何となく想像すれば理解できるでしょう?

また色彩もポイントです。柄の中で使っている色彩が強ければ強いほどカジュアルな印象が生まれます。例えばベージュも真っ赤も同じ赤系の色味ですが、ベージュよりも真っ赤な色を使った方がはるかに子供っぽい印象が生まれます。これは色彩が強いからです。

原色の様に強い色彩を使うと印象は一気に子供っぽくなる。色彩の弱いもの……例えば黒に近いダークトーンだったり、白に近いペールトーン(パステルカラー)を使うと大人っぽさを維持できます。

色数と色彩のバランスを意識すると同じチェックシャツでも子供っぽくなることがありません。Tシャツのプリントを選ぶ時にも使えるメソッドなので覚えておくと良いでしょう。

ペンドルトンのチェックシャツがおすすめ!

そしてそんなチェックシャツはどこで買えるか? なるべく手頃に済ませたいと思うのなら「ペンドルトン」がおすすめです。アメカジの代表格であり懐かしく感じる人もいるでしょう。100年以上の歴史を持つ素材メーカーですが、今でも第一線で売れています。素材メーカーから始まっただけに値段はブランド品よりもずいぶん良心的。というのもブランドは基本的に素材屋さんから素材を買って作るので、その分、関わる会社が多く値段が高くなりがち。自社で素材を調達できるメーカーはそれだけで安い値段をつけることができるのです。

さらにそんなペンドルトンを賢く買うなら古着がおすすめ。老舗メーカーだけに古着の流通量は多く古着屋さんに行けば大概見つけることができます。また使い古しのヴィンテージだけでなく新品のデッドストック品も多く出回っているため古着嫌いな人でも抵抗なく手を出せるでしょう。

またヴィンテージ品もペンドルトンなら大丈夫。ペンドルトンの素材はとにかく頑丈で毛羽立ちも少なく長く使っても風合いが損なわれません。ガンガン使われた古着でもさしてダメージ感のないものが多くいつまでも現役で使えます。

さらに上述の通りですが、色彩と色数のバランスを上手にとったものが多いのも大きな特徴。こちら2点ともペンドルトンの古着ですが、赤系の方は色数が1色。緑系の方は色数は多いけどどの色彩もダークな弱いものばかり。こうしたバランスの取れた色味のものが多いため子供っぽくならずに使えます。

チェックシャツの魅力は何よりそのインパクト。柄と色が入るチェックシャツはシンプルなスラックスなどで合わせても十分映えるし地味にならない。ロングコートのインナーなどに使っても良い味付けとなります。

カジュアルな日常着としてペンドルトンのチェックシャツを今年は使ってみてはどうでしょうか。おすすめです。

MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。



>>シリーズ【ファッションアドバイザーMB】

【関連記事】
「ユニクロは嫌」「高級品も違う…」 日常使いに最適なビジネスウェアとは?

今季のスニーカーはワンポイントを選べ!

秋冬のトレンドは「柄アウター」! 狙うべき3種とは?