イタリア料理界の鬼才・山田宏巳の新店で秋の味覚を堪能【10/28月会費専用※】満員御礼につき募集終了

安心・安全な環境で食事ができる「NO密レストランプロジェクト」を行っている美食サロン「北参道倶楽部」。そのノウハウを活かし開催されるのは、 イタリア料理界の鬼才・山田宏巳シェフの新店舗お披露目会だ。67歳にして新たに構える店は、厨房の仕様はもちろん、内装や小物に至る細部までシェフが一つ一つこだわり抜いた、まさに料理人人生の集大成。今回、北参道倶楽部のためだけに特別メニューが用意されることになった。2021年1月のオープン前に入店できる、貴重な機会をご紹介する。


赤坂にオープン、インフィニートヒロ

イタリア料理界をつねにリードしてきた山田宏巳シェフが、67歳にして新たな挑戦をする。 グルメの激戦区赤坂に、小さな店舗を今秋開くのだ。店名はインフィニートヒロ。イタリア語で無限大の意味を持つインフィニートに山田シェフの名前を添えて命名した。「新しいことを挑戦する歳ではないかもしれないが、自分としても身体は健康だし、まだまだやれる!そんな思いを込めてこの名前を付けました。料理には正解もないが、間違いもないような気がする。だからこそ追及のしがいがある。この店で、67歳の山田宏巳のすべてを感じてもらいたい。」と山田シェフは意気込む。

供するのは、食材の魅力を引き出す料理

インフィニートヒロは、8席のカウンターと、テーブル席が3つ。大きな窓を3つ設け、開放的な空間になっているという。黒をベースとしたシックな店舗で、シンプルだが、オマーンから大理石を取り寄せオープンキッチンに使用するなど高級感のある内装に仕上げた。「オープンキッチンなので作っている過程も楽しんでもらいたい。これ何?など気軽に聞いてもらいながら、フレンドリーなサービスでお客さんに安心感を持ってもらいたい」と山田シェフ。食材は、シェフのコネクションをフル活用して、天然の食材を全国各地から仕入れる予定だ。メニューもぎりぎりまで練り、手に入った食材で決める。こうしたライブ感をお客さんに伝えたいと山田シェフはいう。「秋は実りの季節で、素材の味が一番美味しくなる。なかでもジビエなど野生の食材には力があり、免疫力も付きやすい。そんな力強い食材を、シンプルな調理法で仕上げたいですね。何かを加えるのではなく、素材本来の味を引き出す。引き算の料理でもてなしたいです」と話す。 さらには、フジテレビの人気番組「料理の鉄人」や沖縄サミットでイタリアの首相に振る舞った料理など、シェフの軌跡とも言えるメニューも取り入れられたらと試行錯誤を重ねている。

岐阜の郷土料理店「柳家」と夢のコラボ

今回の北参道倶楽部では、 この「インフィニートヒロ」で 一見さんお断りの予約超困難店、柳家とコラボレーションする。岐阜の秘境に佇み、猪や鹿、熊など山のジビエが堪能できる。山田シェフとは20年来の仲という柳家ご主人の山田和孝さんがこの日のために上京し、山田宏巳シェフとともに厨房に立つのだ。イタリア料理界の鬼才とジビエ名店との競演。究極の化学反応を体感してもらいたい。

今回競演する柳家の山田和孝氏(左)と山田宏巳シェフ(右)

北参道倶楽部が取り組む「NO密レストラン」プロジェクトとは 
https://goetheweb.jp/restaurant/slug-n3eb0228f1ad     

【概要】
山田宏巳新店お披露目
日時:10月28日(水)18時30分開場、19時開宴
場所:インフィニートヒロ
港区赤坂5-1-38 赤坂東商ビル3F

参加費:
会員¥28,000(税、ドリンク別)
定員:20名※先着順  

決済完了された方は下記詳細をご確認ください。   

この続きをみるには…
会員登録が必要です
既に会員登録済みの方はこちらからログインしてください。