なぜ射撃スポーツは、芸能人や文化人の間で絶大なる人気を誇るのか?

古くは、森繁久彌、三船敏郎、三橋達也、ザ・ドリフターズなど、数々の芸能人が趣味とする「射撃」。歴としたオリンピック種目であるが、その一方で、現在でもタレントのヒロミら文化的意識が高い芸能人にとっての高尚な趣味となっている。約40年前に発足した「芸能人文化ガンクラブ(以下芸文ガンクラブ)」の活動に密着することで、射撃スポーツの魅力をひも解いた。


芸文ガンクラブとは?

俳優の森繁久彌、三船敏郎、三橋達也らが1978年に立ち上げ、メンバーには梅宮辰夫、ザ・ドリフターズ、夏樹陽子といった錚々たる面々が所属してきた「芸文ガンクラブ」の参加条件には、以下のような文言がある。

『わが国の芸能及び文化にかかわる分野の人、および鉄砲スポーツ愛好家で、銃・射撃・狩猟等に健全な分別を持つ「紳士淑女」でなければならない』

狩猟は英国紳士の嗜みとして、射撃というスポーツに発展。日本でも「芸文ガンクラブ」に所属した数々の文化人によって「紳士淑女の嗜み」として親しまれてきた。取材が許されたこの日は、国際交流大会の練習日。招待された外国人選手とともに国内の文化人が、射撃場で銃を片手に練習に取り組んでいた。森繁久彌の死去後、三橋達也理事長を経て、2代目会長となった高木ブーは射撃の魅力についてこう説明する。

「昔の芸能人や文化人は、遊び方を知っていましたね。特に、森繁さん、三船さん、三橋さんは射撃という文化を通して"自分たちは特別なことをやっている"という意識でいたと思いますよ。ドリフターズもそうでしたし、芸能人だけじゃなく、弁護士や調教師などいろんな職業の方が所属していました。若い人にもどんどんやってほしいですね」

その伝統は受け継がれ、現在もタレントのヒロミら数々の芸能人や文化人も所属。高木会長によると、ヒロミらテレビで活躍する有名人たちは仕事の合間を縫っては射撃場に訪れて本格的に取り組み、試合にも出場しているという。「芸文ガンクラブ」は、社団法人 日本猟用資材工業会の会員でもある株式会社 三進小銃器製作所がサポートし、年2回の公式試合、年4回のクラブ主催試合、年1回の海外試合を実施。ビジネスパーソンをはじめ一般のメンバーも数多く在籍している。

東京都公安委員会の射撃指導員を務めるなど、長年にわたり射撃に携わってきた相田誠治氏は、「元々はイギリス紳士の嗜みとして狩猟というものがあった。射撃は、世界中のエグゼクティブから愛されて今日まで発展してきたスポーツであり、カルチャーなのです」と説明。相田氏は、実際に北海道などで狩猟も行っており「狩りによって命の尊さを知ることができ、生きることへの理解も深まっていきます」と魅力を説明した。

東京都公安委員会の射撃指導員を務める相田誠治氏

イギリス発祥の伝統あるスポーツであり、エグゼクティブから愛されるカルチャーでもある射撃。東京オリンピックが1年後に迫った中、ビジネスパーソンや文化人の"嗜み"として、ぜひともトライしてみてはいかがだろうか。

※メイン画像の高木ブーさんが銃(ダミー)を持っている写真は、屋内に設置されたシュミレーターの前で撮影したものです。


【8/1参加者募集】GOETHE Shooting Club第1次説明会開催!

貴族の嗜みとして英国で発祥し、世界中のエグゼクティブから愛され発展してきたガンカルチャー。日本最古の銃製作所として名高い「三進小銃器製作所」の全面サポートにより、ついに、ゲーテのガンクラブが本格始動する。第1次募集に先立ち、8月1日(木)に説明会を開催する。詳細が以下より。


Text=ゲーテWEB編集部