星読みカウンセラーKAORUの男の占い【12月の満月】

「女もすなる占いといふものを、男もしてみむとてするなり」。古くは、時の権力者や武将なども、迷いを断ち切るために占いを活用していたとも。そこで、仕事と人生に特化した男の占いを毎月公開。あなたが軍配で指し示す方向はどっち? こちらの記事はGOETHE SALON MEMBER会員限定記事です。ログインしてお楽しみください。登録がまだの方はこちらで登録を!


「GOETHE SALON MEMBER」の皆さん、こんにちは。

このコラムでは、知らなくても困らないけど、知っていると宇宙の流れに乗りやすくなるあれこれを、太陽系の天体の動きに合わせてお伝えしています。

今月の話をする前に、簡単に先月の満月を振り返っておきましょう。

11月23日の満月は、SNSでみんなが言いたい放題に主張し合って、やかましいくらい情報が飛び交う……という、現代社会を象徴する象意がありました。

双子座の満月だったので流通や金融、コミュニケーション分野に、何か動きがあるかな?と、注目していたのですが……。

この満月の2日前に起きたのが、ドルチェ&ガッバーナのデザイナーによる中国人差別事件です。あるフォロワーとの侮蔑的発言を含むやり取りが、スクリーンショットによって公開され、瞬く間に世界に拡散。

上海で予定されていたドルチェ&ガッバーナのショーは、中華系モデルや出席者のキャンセルが相次いで取りやめに。中華系ECサイトも同ブランドの取り扱いをやめ、ドルチェ&ガッパーナは数時間の間に中国市場を失ってしまったのです。

そして、満月の23日には、同ブランドのデザイナー2人が、中国人に向けた謝罪動画をアップ。中国語で「申し訳ありません」と謝りました。このように、射手座に守護星の木星が来ている時には、良くも悪くも、何事も大きく広がって発展(拡散)していきます。そしてスピーディー。

だから、いいことも悪いことも、すぐ世界に知れ渡る。

私は満月の2日前の21日に東京ドームで、テイラー・スウィフトのワールドツアー最終公演を見ていました。

各メディアが報じた通り、エンターテインメントの全てを詰め込んだようなゴージャスな舞台で、肌の色も体形もざまざまなパフォーマーたちが、腕を組み、時にハグしながら歌い踊り、観客も一体となった空間は桃源郷のよう。

とても、ハッピーでハートウォーミングなエネルギーが溢れていました。

その中心で「I love you guys!」と叫びながらキャストと観客を乗せていたテイラー・スウィフトは射手座。

軽々と壁を越えて、笑顔でつながるのが上手な射手座の本領と、「射手座木星期」の目指すところを見せてもらった気がしました。

〇12月の満月 12月23日:蟹座

この続きをみるには
会員登録が必要です
既に会員登録済みの方はこちらからログインしてください。