『JAPONISÉE Kiyomi Mikuni』は日本語版のほか、英語版も刊行。

お披露目会が催された「オテル・ドゥ・ミクニ」内のバースペースで、参加者たちは504頁もの大作を堪能。

5年間の地道で入念な取材の様子を映像でも披露。

名著『皿の上に、僕がある。』から30年を経て、同じメンバーで全身全霊で作り上げた一冊が完成した。