料理屋『文楽』にて。最初に千住札を手渡されてご挨拶。

お座敷遊びは、本気で勝負。心から楽しむのが粋な振る舞い。

「金毘羅舟舟」は、向かい合って歌に合わせて、酒の袴をたたいたり、とったりを繰り 返すお遊び。

帰り際に記念撮影。お茶屋の上七軒「市」は紹介制だ。