料理を監修するのは、アブルッツォに三ツ星レストラン「レアーレ」を持つニコ・ロミートシェフ。

上海タワーや林立する浦東金融街の高層ビルを眺めながらのイタリアンディナーは、今の上海を象徴する贅沢の一つ。

最上階には、オーバルのバーカウンターをぐるりと囲む華やかなバースペースもあり、今や、上海随一の社交場となっている。グラスシャンパンを合わせたアフタヌーンティーが人気。

地下1階は、プール、スパ、エクササイズのエリアだ。プールサイドにはガゼボスタイルのベッドが連なる優雅なプール