「行動する時はまずプランをしっかり立てる」という好美さん。

友美さんはエンジニアとして長時間パソコンの前にいるためブルーライトカットの眼鏡が手放せない。

「アイデアは書きながら考える」という愛用の手帳とノート。