【ブータン】屈託ない笑顔の少女たち。「子供たちは本当に目がキラキラしていました」

【ブータン】散歩中に声をかけられ、食事をごちそうになった村人の家で。「他人のために自分の時間も物も使い、心の底からもてなしてくれるんです」

【ブータン】滞在先のお風呂。「電気やガスはなく、ろうそくの灯りのなか浴槽の横で火を焚いてお風呂を沸かしてくれました。満天の星の下、人の手によって沸かされたお湯は本当に温かく、最高の体験でした」

【スウェーデン】これが湖を眺めるたったひとつの窓。「ひとつしかないからこそ、人は自然とここに集まり、暖炉の前でゆるやかに会話が始まる。写真では気づかない、本当の暮らし方を実感しました」

【スウェーデン】スウェーデンの建築家、アスプルンドの〝夏の家〞も、宿泊できる名建築のひとつ。湖が目の前にあり、普通なら横長の建物で、可能な限りレイクビューにするのだが、この家は敢えて縦長に。湖に面しているのはリビングルームだけだ。

【スリランカ】中村氏が多大な影響を受けたというのが、スリランカの建築家、ジェフリー・バワ。自邸〝ルヌガンガ〞をはじめとした彼の作品は、樹々や光といった自然をあるがままに受け入れながら、印象的に建築に生かしている。

【ポルトガル】ポルトガルの山肌に残る、巨大な石をそのまま利用した石の家にも足を運んだ。「人間の原始的感性に知恵や喜びがあることを実感。向かうべき未来は過去にある、そんな思いが生まれました」