正しい大人の洗顔とは? 皮脂は敵か? それとも味方か?【大人の男の美容入門①】

ふと気づいたら、学生時代とは自身の見た目がまるっきり違う!  そう思っているビジネスパーソンは多いはず。今からでも遅くはない。正しいケア法をルーティーン化させ、清潔感を手に入れよう。そのために、各誌で連載をかかえる超人気男性美容研究家・藤村 岳さんが「大人のための男性美容の極意」を指南! 美意識を高めれば、人生はもっと豊かになる。まずは基本である洗顔法からスタート。


洗顔を制すれば、自ずと清潔感への道は開かれる

とかく男は洗顔が下手だ。力任せに手のひらでゴシゴシとこすればそれでいいと思っている。しかし、考えてもみて欲しい。いくら平たい顔だからといって、鼻筋や頬骨は出っ張っているし、目の下や小鼻の横は凹んでいる。凹凸を無視していくら“面”でこすっても汚れは落ちない。

頬が赤い男性を見かけるが、あれは凸部だけをこすり過ぎの場合に多く見られる。しかも凹部分ほど汚れが溜まりやすいのに、手のひらでのこすり洗いでは決して落とせない。

顔を洗うなら“点”で洗うこと。人差し指、中指、薬指の腹の3点を使って、円を描くようにクルクルと滑らせよう。

洗う順番だが、まずは

①予洗い
熱すぎず、冷たすぎない人肌程度のぬるま湯で何もつけずに洗おう。肌を緩めて、毛穴を開き、洗顔料をなじみやすくするための準備だ。

②洗顔 Tゾーン~Uゾーン
次は洗顔料をよく泡立てて、皮脂分泌の活発なTゾーン(おでこ~鼻筋)から指の腹で洗う。そうすれば凹部にも泡がしっかり届き、余分な古い皮脂や汚れと洗顔料がほどよくなじんで、ムダに力を入れることなく落とすことができる。Uゾーン(頬やフェイスライン)は、軽くなじませる程度でOK。全顔を一気にではなく、パーツに分けてメリハリをつけて洗うべし。

③すすぎ
最後に洗うのと同じくらい大切なのがすすぎ。洗浄成分が肌に残っていることが刺激となり、荒れてしまうのだ。3倍くらいの時間をかけて丁寧にすすごう。

ところで、多くの男性が誤解をしているが、皮脂は敵ではない。むしろ味方だ。皮膚は細菌やウイルスを外界から入れず、体に水分を出さないというバリア機能を持っている免疫器官。そして防御の最前線を務めているのが、皮脂なのだ。古くなってホコリなどがつき、酸化してしまった皮脂は落とさなければならないが、そうではない皮脂はバリアの要。取り過ぎるのはよくない。

思春期のホルモンバランスが急激に変わることによって分泌される皮脂量と、ミドルエイジを迎えた男の皮脂量は異なる。だからこそ洗顔料は年齢によって変えるべきで、若い時のように脱脂力の強いものや刺激の強いスクラブを毎日、使っているようなら、即、改めて欲しい。洗顔はエイジングケアの第一歩なのだから。


タイプ別 洗顔フォーム3選

テカリやすい人へ
酸化した皮脂が詰まって毛穴の黒ずみに悩んでいるならクレイを配合したこちら。必要な潤いを守りつつ、さっぱり爽快に洗い上げてくれる。テカリを抑えてくれるのもありがたい。

ラボ シリーズ オイル コントロール クレイ クレンザー + マスク

¥4,000[100ml](ラボ シリーズTEL:03-5251-3541)


簡単に洗顔したい人へ
最初から泡で出てくるこちらは、面倒な泡立て要らず。アルコール無添加でスースーせず、肌に刺激が少ない。天然精油100%のフレッシュな香りもよく、そのままシェービングにも使えて便利。

リサージ メン フォーミングソープ

¥2,000[150ml](リサージ メン/カネボウ化粧品商品TEL:0120-518-520)

  

敏感肌の人へ
4種の植物オイルや3種のハーブエキス、植物性ヒアルロン酸などを配合したオーガニックの洗顔料。トロリとしたミルクタイプの洗顔料は、乾燥肌や冬など皮脂分泌が少なくなる季節に重宝する。

ニールズヤード レメディーズ フランキンセンスフェイシャルウォッシュ

¥3,500円[100ml] (ニールズヤード レメディーズ TEL:0120-316-999)


Text=藤村 岳