脳を鍛えればロングブレスの効果も上がる!? 太りやすなる負のスパイラルからの脱出

記憶マイスターの寺田奈菜子氏によれば、脳を正しく使うことができれば目的を達成させることは容易だという。脳を鍛えることでロングブレスの効果も飛躍的にアップする!?

欲求に負けず健康な身体に整える脳の仕組み

脳は常に“快”を求めて“不快”を避けている。多くの人がダイエットに失敗するのはそのためだ。

食事制限など慣れないことをすることでストレスを感じ、脳はセロトニンやドーパミンといった脳内ホルモンを必要とする。

そこで脳内ホルモンを分泌させ、一時的に脳のストレスを解消するために食べてしまう。このような負のスパイラルに陥ってしまうことが、目的達成を阻む一番の原因だ。

そこで正しい脳の使い方を学ぶことができる「アクティブ・ブレイン・プログラム」に注目したい。脳を効率的に動かす基本的な考え方をレクチャーしてくれる。

「脳の仕組みを知り、考え方を意識的に変えていく。そうすることで、ダイエットだけでなく、人生のあらゆる場面で目的を達成させることが容易になります」

脳の仕組みを知ることで、ロングブレスの効果をより高められるはずだ。

Nanako Terada
アクティブ・ブレイン協会認定講師 兼 記憶マイスター。ロングブレススタジオの運営を行う傍ら、脳科学に基づくダイエット指導も行う。自身もアクティブ・ブレインの記憶法を使い、日本ソムリエ協会「ワインエキスパート」を取得。脳をより効率的に働かせるための6つの考え方をレクチャーする集中講座「アクティブ・ブレイン・プログラム」。8月のオンライン講座はHPから。詳細はこちら


『ジャパネットの社員が毎朝実践するロングブレス1週間即やせプログラム』
美木良介著
幻冬舎/¥1,600
ジャパネット髙田旭人社長の依頼で、テレワーク中の社員のためにメソッドを開発したところ大反響。急遽発売となったのがこの本。「コロナに負けない免疫力のアップ」「肩こり・腰痛改善」「心も健康になる」「誰でも簡単に続けられる」ことをベースに、10分のトレーニングと3分のマインドフルネスを行う1週間。未曽有の社会変化をものともせず、即やせボディが手に入る、最強のプログラムを紹介している。

Text=ゲーテ編集部 Illustration=酒井真織