ビジネスシーンでの印象を格上げ! シャネルの最先端メンズコスメ3選【CHANEL】

現代の男の外見に必要なもの、それは外見より清潔感。美を学び、美意識を磨くことで仕事の可能性は格段に広がるはずだ。男性美容家の藤村 岳さんが、コスメブランドの神髄を伝授。すべての美は成功につながる! 「美意識過剰!」vol.21。  


女性の次は、男性。心を解放する珠玉の名品

1927年にスキンケアアイテムを15品、世に送り出したシャネル。2018年には同ブランドで初となる男性用の本格的なメイクアイテムを発売した。化粧品の分野に挑んでから実に91年。この大胆な挑戦は昨年、世界中で話題をさらった。

20世紀初頭。そもそもコルセットでからだも、そして心までもがんじがらめに縛られていた女性たちを解放したのはガブリエル・シャネル、その人であった。当時は男性の下着の素材であった動きやすいジャージー素材で革新的な服を作ったり、ドレス全盛の頃に今ではアイコンとなっているツイードで女性用のスーツを発表したり、と新時代の提案をした彼女。

単にファッションを発表するだけではなく、早くからライフスタイルそのものを提案してきたシャネルには、実は名品と呼ばれるコスメが多い。たとえば、美容液のブルー セラム 。こちらは長寿の人々が多い地域に注目した肌全体の格上げを目指すもので、男女を問わずファンが多い。また、人気のフレグランスから香り高きグルーミングアイテムも登場。合理的な男性にふさわしい機能性に優れ、使い勝手がいいのが特徴だ。

“新しい時代を創り出す”という彼女のイノベーティブな精神は、脈々と受け継がれており、ついに昨年、男性のビューティ アイテム“ボーイ ドゥ シャネル”が登場した。これはまさに“男らしさ”という旧態依然とした固定観念に縛られた我々を今、解放しようとしている証左であろう。ファンデーション、アイブロウ、リップクリームで構成されたメンズアイテムは、きっとブレイクスルーとなり、凝り固まった男性の身も心も解放してくれるに違いない。


男性美容家・藤村 岳が厳選! 最旬メンズコスメ3選

1.美容液「ブルーセラム」
世界中に点在する“ブルーゾーン”と呼ばれる長寿スポット。イタリアのサルディーニャ島、ギリシャのイカリア島、コスタリカ、沖縄、これらに共通するライフスタイルの研究の結果たどり着いたのがこの美容液。コーヒーやオリーブ、マスチックなどの有効成分が細胞寿命にはたらきかけることで肌の若々しさを促し、現代人の肌を格上げする。ユニセックスで使える。

¥12,000[30ml]


2.フェイスクリーム「ブルー ドゥ シャネル 2-IN-1 モイスチャライザー フェイス&ビアード」

マドモワゼルが愛したミッドナイトブルーのボトルで大人気の香水“ブルー ドゥ シャネル”。その芳しいシリーズからフェイスケア用の保湿剤が新たに登場した。洗顔後、これ1本で口元や頬などシェービングでダメージを受けやすい繊細な男の肌を優しく潤し、滑らかに整えてくれる。

¥6,700[50ml]


3.男性用ファンデーション「ボーイ ドゥ シャネル ファンデーション」

“あなたは他の誰にも似ていない…”のコンセプトのもと唯一無二の存在であることの重要性を示す逸品。リキッドタイプのファンデーションはシワや色ムラを瞬時に隠し、トーンアップ。別売のブラシで肌にのばすと均一で自然に仕上がる。元々の肌色に合わせて選べるよう全4色が揃う。

¥6,700[50ml]


メンズグルーミングが体験できる!「シャネル」のバーバーショップが有楽町に限定オープン
阪急メンズ東京にてボーイ ドゥ シャネルのイベントが開催される。バーバーをコンセプトにし、製品を自由に試せるほか、事前予約制でメークアップやシェービングのグルーミング体験も可能。またメンズフレグランス「ブルー ドゥ シャネルの新製品やアイコンウォッチ・J12の新作もラインナップする。この機会にぜひ体感してみてほしい。

日時:6月26日(水)〜7月2日(火)11:00~20:00
場所:東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京 1階 Main Base


Text=藤村 岳 ©CHANEL