【遠藤光男の物申す!】トレーニング界の伝説が今のプロレスを斬る

昭和40年代、黎明期のボディビル界に彗星の如く登場し、注目を集めた男がいた。その名は遠藤光男。1966年(昭和41年)、24歳の時にボディ・ビル・ミスター日本となり、世界大会に出場。ドーピング三昧の海外選手を向こうに回して優秀な成績を残し、翌年、ジムを開設。日本における筋力トレーニング指導の第一人者としての地位を確立していくなかで、作家・三島由紀夫らとも親交を持ったほか、相撲界とも関わりが深く、千代の富士、白鵬を始め7横綱を指導。国際プロレスのリングではレフェリーとしても活躍し、数々のレスラーにもトレーニング法を伝授した。76歳となった現在も、レジェンドとしてリスペクトを浴び続けている遠藤光男が、2020東京五輪を控えながら、ゴタゴタが続く日本スポーツ界に「物申す!」。今回は、プロレスをめぐって。


第1試合から全力で臨む新日

最近のプロレス界では、新日本プロレス(以下、新日)はすごく頑張っていますね。

昔のプロレスっていうのは、前座試合とメインイベントがあって、前座試合では、あんまり派手な技や戦い方をしなかったんですよ。何試合か進んで行く中で徐々に盛り上げながら、メインイベントのときに一番派手な試合をやるんですね。難しい技を使ったりして。そうすることによって見てる人たちがだんだん興奮してくる。そういう流れだったんですね。

今は新日なんか、第1試合からすごい試合してますからね。自分の持ち味を全部発揮して試合に臨んでいる。テレビでは、今、新日しかやってないですが、たまに私も見るんですけども、かなりすごい、いい試合をしてますよね。

猪木さんは体育館内を走り回っていた!?

プロレスラーは、試合はもちろん大事なんですが、試合よりも普段の練習がとても大変なんですよ。あれだけの試合をできるっていうことは、あの何倍もマットで練習してるわけですよ。場合によっては練習中に、一歩間違えば頸椎を折ったりとかするわけだし、廃人になっちゃう選手だっているわけですよ。そのぐらいハードなんでね。

とにかく彼らは、そういう意味では命張ってやってるわけですよ。

そういう事故の起きないように、日々、トレーニングで訓練してやってるわけですから。それはもう、どんな試合でも一生懸命やってますから。やっぱりタイミングとか連携っていうのがとても大事なんで、体力、能力、連携がなければ、あれだけ大技こなしたりできませんからね。そういう意味では、とっても素晴らしい練習をしているのが分かります。人に言われようが言われまいが、自分から進んでやりますから。

たまに佐山聡さん(編注;覆面レスラー、タイガーマスクとして人気を博した。総合格闘技の元祖とされる団体、シューティングを創設したことでも知られている)の試合にも行くんです。もう全身ばりばり。ぱんぱんに張ってますね。だから、トレーニングは、かなりしてますね。藤波辰爾さんも、まだすごい体してますよ。

新日は、まだ猪木さんが現役でやってた頃は、よく選手は走ってたんですよね。体育館の中を。猪木さんがよく走るんで。

動きを良くするために、やっぱり走り回るのが一番いい。体育館の中を、客が入る前の3時間ぐらいは自分たちの練習場にして、走ったりマット使ったりして鍛えてましたから。今もやってるでしょうね。昔はよく試合場となる体育館の控室まで、バーベルとかダンベルを運んで行って、試合前に結構みんなやってましたね。

プロレス興行の難しさ

プロレスでも格闘技でも、こういうものの人気っていうのは波がありますからね。プロレスのブームだってずっと続くわけじゃないし。どの競技にもそういうものってあるんでしょうけども。世相を反映するような面もありますからね。われわれの子どもの頃は、力道山のプロレスがすべてでしたから。その後に馬場さんとか猪木さんとかが出てきた。後はいろんな団体ができて群雄割拠でね。今は20団体以上あるんでしょう? 選手も最近は、自由に貸し借りというか、行き来した興行やってますけど。

総合格闘技も、今は、ちょこっとテレビでやったりしていますね。またK-1がちょっとカムバックしつつありますよね、軽い階級も始めたりして。

そんな中で、結構頑張ってやってるのは、シーザー武志さんのシュートボクシング。シーザーさんは、浅草にジムを構えていますが、そこにトレーニング器具を入れるとき、私もちょっと協力したことがあるもんですから、親しくさせてもらっています。あそこは、しっかりした団体で、年間通じて、いろいろと興行をずっとやってますね。

私がレフェリーをやっていた国際プロレスもそうでしたが、興行、つまりお金の問題ってのが大きいですよね。テレビでやっていた頃は、テレビ局から年間契約で放映料が出てたと思うんです。でもテレビの放映なくなると、冠のスポンサーとか、そういうのが、だんだんなくなっちゃいますから。チケットの売買だけでやってるわけですから、なかなか、単発的な興行は打てても、年間通して定期的な興行ってのは難しいでしょうね。

そこで、うまく財政をキープしながら興行を打ってくっていう、その辺のことは、そういう団体の運営をやってる人たちが一番考えてることだと思いますね。私がなんか言うよりも、本人たちのほうがいろいろアイデア出してると思うんです。

あと、やはりどの競技団体も、たとえばボクシング界でも、日本人の強いチャンピオンが出ないと人気出てこないですよね。総合格闘技でも日本の選手で、例えば昔だったら佐山さんみたいなスーパーヒーローみたいな動きのできる選手が出てくれば、わあっと客が集まるんですけども。

ちょっとランクが下がってきて、そのレベルの選手同士でやっちゃうと、みんな一緒じゃないかということになってしまう。ときどき傑出した人が出てくると、その団体の人気が出てくる。今、スターが不在とまでは言わないけれど、スーパースターが待ち望まれるような状況だと思うんですよ。

昔だと例えばキックボクシング。「キックの鬼」と呼ばれた沢村忠とかいたでしょう? ああいう人たちがいたときは、テレビでも2局ぐらいでキックボクシングやってましたよね。そういう選手が出てくれば、そのスポーツも人気が出て発展すると思うんです。

今は、いろんな団体ができて、全体的に浅く広くじゃないけども、散っちゃってるような感じがしますね、競技そのものが。



Text=まつあみ靖 Photograph=吉田タカユキ

遠藤光男
遠藤光男
1942年東京都生まれ。日本ボディビルディング界の第一人者で、24歳だった'66年のボディビル・ミスター日本となる。翌年に東京・錦糸町で遠藤ジムを開き、その年にはモントリオールで開催された世界選手権で3位に。三島由紀夫や勝新太郎とも親交があり、大相撲界、プロレス界など幅広い人脈を誇る。
気になる方はこちらをチェック