見落としがちなパーツケア デキる男は、360度死角なし!

自分では気がつかない部分。だけど他人の目からは、そのマイナス点が“その人自身”の印象になることが多い。死角をなくし、隙のない男になるべきではないだろうか?デキる男ほど、見落としがちなパーツケアに気を配っている。 

さり気なく漂う、香りは男の品格

汗ばむ季節でも、スーツを颯爽と涼しげに着こなさなければならないビジネスエグゼクティブ。そんなスーツ族が上着を脱ぎ着する時に、さり気なく香るフレグランスが女性たちを魅了するという。汗をかく季節なら、それがなおさらマナーのひとつ。ビジネスマンにふさわしい、多少厚みのある、それでいて季節にふさわしい爽やかな香りを選びたい。

左:大地のような自然の雄大さと、ビターオレンジのみずみずしさや苦味を感じる香り。テール ドゥ エルメス オー トレ フレッシュ オードトワレ ナチュラルスプレー 125ml ¥13,500(エルメスジャポン TEL:03-3569-3300) 右:男性のさり気ない優しさを表現したかのような、落ち着いた温かみと洗練された印象をもたらす香り。ボンド・ナンバーナイン セント・オブ・ピース フォーヒム オードパルファム100ml ¥32,000 (ブルーベル・ジャパン TEL:03-5413-1070)


男らしくシャツを捲ったら、肘が黒い……

仕事中、パリッとした白いシャツの袖を捲る仕草は、デキる男の印象的な姿。しかしシャツから覗(のぞ)く肘が黒ずんでいては幻滅である。肘や膝、くるぶしなど、当たりやすい部分ほど角質が肥厚しがち。そこで肌を露出する季節は、ボディ用スクラブで軽くマッサージを。強くこする必要はなく、濡れた肌にスクラブを塗って軽く手のひらでさする程度。余分な角質がはがれ落ち、すべすべした感触の健康的な肌に生まれ変わるはずだ。

左:英国生まれのラグジュアリーなスパブランドのスクラブ。バンフォード ボタニック シュガーポリッシュ 200ml ¥8,000(ピューリティ TEL:03-5772-2284) 右:爽やかな柑橘系と海を感じさせる香り。ボディスクラブ ジェントルマン ブルーno.533 500ml ¥5,093(SABON Japan フリーダイヤル:0120-380-688)


休日のショートパンツ姿も生白い手足では台無し

男らしさ、頼もしさといった印象に健康的な褐色の肌は不可欠。半袖やショートパンツから生白い肌が露出するのは避けたいもの。そこでお薦めしたいのが、セルフタンニング。角質層、つまり肌の表面を褐色化させる成分が配合され、塗ってしばらくすると肌が小麦色に変化する。シミの原因となるメラニンを活性化させる心配はなく、数日経つと褐色化した皮膚は垢(あか)となって剥がれるのだ。今から準備を始めて夏に間に合わせたい。

塗ってしばらく経つと、肌が徐々に自然に褐色化。ジェルタイプでムラになりにくく、肌を保湿する効果も。セルフタンニング インスタント ジェル 125g ¥4,000(クラランス TEL:03-3470-8545)


指にささくれ?思わず名刺交換の手も止まる

名刺交換の際、相手の爪回りの乾燥や汚れが気になった経験は? ならば、自分が名刺を出す時に、指にささくれがあるのは恥ずかしいこと。ネイルケアの習慣がない男性は、ささくれを指で剥いて出血させたり、指先を荒らすことが多いという。男でも使いやすいロールオンタイプのネイルオイルなら、仕事の合間にさっと使える。爪回りはもちろん、甘皮の乾燥が改善され、爪も健康的な色に変わるはず。

ミントやレモンの香りがリフレッシュ効果とポジティブな感覚を。uka ネイルオイル13:00 5ml ¥3,240(uka東京オフィス TEL:03-5775-7828)


Photograph=那由太 Text=今井 恵 Illustration=村上テツヤ


*本記事の内容は14年5月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。
14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)