中堅30代男の眉毛、鼻毛、VIO、爪先も一網打尽! デキる男を磨く極上エステに行ってみた

会社では中堅として「できること」を求められ、若さでは繕えきれなくなった見た目の劣化にも直面する……。そう、男30代とは、20代の頃は想像もつかなったほど多難に満ちたお年頃だ。ならば、仕事に関してはすぐに結果がでなくても、手っ取り早く"デキる男"を装える手立てはないものか。今、まさしく30代の荒波にもまれている編集Sが考え導きだした答えは、第一印象で好印象を植えつける"清潔感"のグレードアップ。身体だけではなく、眉毛や爪といったディテールまで手入れができるメンズ脱毛サロンがあると聞きつけ、門戸を叩いたのである。


同時施術で一気に磨きをかける! 眉から爪先までトータルで美を入手

渋谷駅近くにある「OTOKO TOKYO」。トリートメントルームは3部屋と、プライベートサロン的に使えるのも嬉しい。

ビジネスの世界に身を置いていれば、必ず一度は耳にしたことがある「人の印象は第一印象で決まる」説。そして第一印象で好感を得るために、絶対的に欠かせないのが"清潔感"だ。しかし、20代は飲み明かしても翌日の肌には表れず、多少、鼻毛が出ていようとも「もう、しょうがないなー」くらいの突っ込みで乗り切れていたはずが、30代になった途端、それは単なる不潔のレッテルでしかなくなる。この現実をリアルに感じている30代男子は、一体どれくらいいるだろうか。逆を言えば、こういった見た目の手入れを入念に行うことは、第一印象でライバルに差をつけ、"できる男"を装う武器を手に入れることにつながる。

そんな30代真っただ中の編集Sが訪れたのが、渋谷にある「OTOKO TOKYO」。男性専用の脱毛サロンだが、身体の脱毛のほか、眉毛や鼻毛の手入れなど、男の"気になる"をトータルでケアしてくれる、エステ初心者の駆け込み寺ともいえる場所だ。果たして編集S、OTOKO TOKYOでのビューティUP計画で、どこまで変われるのか⁉


STEP1 単なる眉毛、されど眉毛!? キリリと顔を引き締める眉毛脱毛

コンシーラーを使い理想の眉をかたどったら、ワックスをぬってビリっとはがす。

まず取りかかったのが、OTOKO TOKYOの人気No.1メニューである眉毛脱毛。「眉毛が薄いこともあり、基本、手入れはしていませんでした。でもある時『つながっているよ』と指摘され愕然としたんです……」。他人に言われて気づくという悲しい体験を語った編集S。自分に似合う形も皆目見当がつかないということで、担当の蕪木さんが、率先して施術の方針を提案してくれる。

「左は丸み、右は角々していますね。自然に右の眉山を落としてナチュラルなラインに整え、ボサボサの眉頭をカット&間引きすることで、キリリとした印象にしましょう」


STEP2 ちょろりん毛にSAY GOOD BYE! ボフッと鼻毛を一気抜き

「抜いても抜いても出てくるんですよね……」。そうせつなそうにつぶやく編集Sの悩みのひとつが鼻毛だ。確かに、年齢と共に鼻毛出てます率も上がってくるのは、男の不思議な加齢現象のひとつ。そんなにっくき奴は、ワックス脱毛で一括削除してしまうのが得策である。

先出の蕪木さんがハードワックスをつけた棒を鼻の奥に突っ込み、一気に引っこ抜く! 「うっ!」編集Sのうめき声とともに抜かれた棒には、毛がぎっしり付着。肝心の鼻の穴はというと、下から覗き込んでもまったく毛が見えない、美しい空間が広がっていた。衝撃で声が漏れてしまったが、痛みはほぼなかったと編集S。わずか数分の施術でこの効果……、病みつきになりそうだ。

鼻毛にはハードワックス、眉毛にはソフトワックスと、用途によって使い分けてくれるのも、脱毛専門サロンならでは。


STEP3 ヒゲ脱毛も2~3分でパパッと完了! 

男の日課であるヒゲ剃りは、実は肌にものすごく負担をかけている。しかも剃り残しがあったり、青ヒゲになっている感じは、残念ながら"清潔感がある"とは言い難い。ここで編集Sは光脱毛を選択。施術担当の尾花さんによると「個人差はありますが、1回でもそこそこ薄くなりヒゲ剃りが楽になります。6回やれば、ほとんど生えてこなくなりますよ」。「……なんでもっと早くやっておかなかったんだ!!!」と編集Sが思ったのも無理はない。

専用ジェルを塗布し、光を照射していく。こちらも数分で作業完了。


STEP4 巷で話題のVIO脱毛に挑む!

もはやエチケットとなりつつあるVIO脱毛だが、「やっぱ恥ずかしい!」と躊躇してしまうのが男の心理というもの。しかし、メンズ専門かつプライバシーが保たれているOTOKO TOKYOの空間に、やる気がわいた編集S。このサロンでは、光脱毛とワックス脱毛の2種類が受けられるのだが、光脱毛の場合、事前に毛を自己処理する必要がある。一方のワックス脱毛は生やしっぱなしでOKのため、サロンに来てワックスで毛を取り除き、その後、光脱毛でどんどん毛を少なくしていく、という2段階プロセスで挑めるのだ。しかし、あそこの毛を一気にワックスで抜くって、考えただけでも縮こまりそうだが……、Oラインの脱毛を終えた編集Sいわく「イタ気持ちいい感じ」という程度らしい。


STEP5 遂に昇天!? リンパマッサージと爪の磨き上げを同時施術

OTOKO TOKYOは、脱毛以外のメニューも充実している。編集Sは総仕上げとして、フェイシャルマッサージと爪の手入れをセレクト。マッサージでは、首~肩のリンパをぐいぐい流し、デコルテや頭の凝りもがっつり揉みほぐす。その手技に、編集Sの顔には至福の笑みが。

手元では、ネイルのプロである谷岡さんが、甘皮を処理し、爪表面を滑らかに整え、シャイナーで艶を出す作業をもくもくとこなす。「元から手が綺麗なので、手入れした爪がいっそう映えますね♡」と褒められ、編集Sはまんざらでもない様子。

「2名の施術者が同時にやってくれるので、これだけのフルコースでも、2時間程度で済んでしまうのは嬉しい。そして何より贅沢な気分になれます!」

疲労やデスクワーク、日々の晩酌などで、自分で感じる以上にむくみ・たるみが発生しているのが30代男子。それらが押し流される気持ち良さは極楽この上ない。


こうして、5段階のビューティUP計画が完了した編集Sのアフター写真がこちら。脱毛で整えた眉と、リンパを流すことでむくみが取れたフェイスラインが、引き締まった表情を演出。鼻毛や爪先など、ディテールも抜かりなく手入れしている点は、"できる男"な雰囲気を醸し出すのに十分な効果を発揮している。

「当サロンでは眉毛脱毛など、手軽なメニューから入って、VIO脱毛や全身脱毛へと進んでいく方が多いですね。また、脱毛、フェイシャル、ネイル、それぞれを専門とするプロがスタンバイしているので、、短時間でトータルのケアをご提案できます。脱毛やエステは、感度の高い一部の男性に限られたものではありません。これからのビジネスパーソンに欠かせない身だしなみのひとつとして、多くの方に気軽に利用していただきたいです」

そう語るのは、OTOKO TOKYOオーナーの太田絢子さん。人生初となる脱毛エステを体験した編集Sも「一度きれいにすると、そのほかの手入れをしていない部分が気になってしまいますね」と、その絶大な効果にすっかりハマりそうな気配だ。

仕事ができる男は一日にして成らず。しかし、自分の見た目をプロデュースすることはわずか数時間で叶うこと。むしろ、他人に与える第一印象=清潔感に手間と時間をかける、その気遣いこそが"デキる男"になるための第一歩と言えるのかもしれない。

OTOKO TOKYOオーナーの太田絢子さん。
OTOKO TOKYO
住所:東京都渋谷区渋谷1-24-7 渋谷宮下パークビル1002号室
TEL:03-6803-8474
営業時間:平日12:00~21:00(最終受付20:00)、土日祝日11:00~20:00(最終受付19:00) 
休み:不定休
料金:ナチュラル眉スタイリング(ワックス脱毛)1回¥5,900、鼻毛(ワックス脱毛)1回¥3,780、ヒゲ6ヵ月通い放題(光脱毛)¥80,000など。各種キャンペーンを実施中
https://otokotokyo.com/
※価格は2019年7月24日時点のものとなります。公式HPの掲載価格も追って対応予定。


Text=岡村彩加(ゲーテWEB編集部) Photograph=滝川一真