テクノジム社長が解説! 戦う身体をつくるためのトレーニング最新トレンド

ウェルネスとはライフスタイル。つまりトレーニングを習慣化できないと、ウェルネスな生活は手に入らない。そこで、トレーニングを継続するために必須のキーワードと、お助けメソッドやアイテムをご紹介。さあ、どれを選ぶ?


今流行りの"ウェルネス"とは?

日本にもウェルネスという言葉が定着し、今やジム、そしてトレーニングは大流行中。

「健康診断で引っかかった、夏に向けて身体を引き締めたいなど、運動を始める理由はさまざまです。しかし、自分の身体としっかり向き合い、トレーニングを継続できないと、真のウェルネスライフは実現できません」

そう語るのは、イタリア生まれの高級トレーニングマシンを販売する、テクノジム ジャパン代表取締役社長の絹田信也さん。

「実はがっつり50分間トレーニングをするのも、5分×10回やるのも効果は一緒。忙しいビジネスパーソンには、継続できるギアを使い、日常や仕事の合間に少しずつトレーニングをするほうが効率的といえます」

そこでウェルネスなライフスタイルを手に入れるためのキーワードとともに、トレーニングを続けるための、ユニークで魅力あるギアを紹介してもらった。

「これからのフィットネスには、ハード、ソフト、コンテンツ、デザインが必須。VRやウェアラブルデバイスなどの最新ツールを利用してみる。コミュニティをつくり、仲間とトレーニングの苦労や楽しさを共有する。そして究極は、フィットネスマシンを置いて、自宅をジムにしてしまうのがお薦めですね」


最新のドレンドワードは"ゲーミフィケーション"

イカロス ICAROS Home
腕、脚、腹部で身体を支え、仮想空間を探検しながら、体重を移動させて操作することで体幹を鍛えるVRフィットネスマシン。「ウェルネス業界で最も注目されているのが、ゲーム感覚で身体を鍛えるマシンやサービス。楽しみながら鍛えられるため、継続するためのきっかけとして取り入れてみては 」

¥250,000(イカロス info@icaros.com)


見える化で、日々身体を意識!

フィットビット Charge3
24時間心拍数の測定はもちろん、各種フィットネスや睡眠のデータも測定し、管理できるトラッカー。防水にも対応している。ベルトは4タイプ。「ウェアラブルデバイスで常に身体と向き合い、意識することはとても大切。最近はデザインも豊富になりました。フィットビットはミニマルなデザインで使いやすく、僕も愛用中」

¥19,880~(フィットビット TEL:0120-998-549)


忙しい者ほど家にジムを持て!

テクノジム キネシス パーソナルヘリテージレザー
テクノジムと建築デザイナー、アントニオ・チッテリオが共同開発。200種以上のエクササイズが可能なトレーニングマシン。「デザイン性に優れたフィットネスマシンなら、インテリアの一部として自宅に設置できます。そうすれば、入浴前に5分運動するなど、トレーニングを習慣化できるんです」

¥2,750,000(テクノジム TEL:0120-576-876)


いつでもどこでも常に鍛える!

テクノジム ウェルネスボール アクティブシッティング
医学、人間工学に基づき、座るだけでインナーマッスルや体幹を鍛えるバランスボール。継続こそウェルネスの基本。トレーニングを意識せず"すぐに使える""そこにある"ギアが理想です。それらを賢く選べば、オフィスや出張先のホテルもMYジムに早変わり」

¥33,000(テクノジム TEL:0120・576・876)


持続のカギはコミュニティづくりにアリ!

TOKINO CYCLING FITNESS
日本初のインドアサイクリングジム。心拍数を脂肪燃焼ゾーンに保ちながら、エネルギーを消費。野外イベントを多数開催し、会員によるコミュニティの中心としても機能する次世代ジム。「トライアスロンなど、個人でパフォーマンスを上げるには限界があるものも、コミュニティができれば一緒にトレーニングし、達成感を共有できる。それが持続につながります」

住所:杉並区上荻1-24-10 2F TEL:03-6276-9445 料金:入会金 ¥7,000、登録料 ¥4,000、月会費 ¥7,900~ https://www.tokino-company.co.



鍛えるのと同時にしっかり伸ばすべし

パフォームベタージャパン ストレッチアウト ストラップ
摑んだり、足を入れたりできるループが数ヵ所あり、パートナーなしにPNFストレッチができる。「トレーナーと行う流行のPNFストレッチ(神経を刺激して筋肉を緩める方法)も、ギアを使えばひとりでも可能。股関節の硬化は老化の始まりなので、鍛えるより伸ばして」

¥3,400~ (パフォームベタージャパン TEL:03-6452-5857)


Shinya kinuta
テクノジム ジャパン代表取締役社長 1975年大阪府生まれ。高級トレーニングマシン「テクノジム」の日本代表ほか、フィットネスマシンやサービスの総合展「ヘルス& フィットネスジャパン」実行委員長も務める。


Text=今井 恵