AYAもニコラス・ペタスも太鼓判! 忙しいビジネスパーソンのための最先端ジムとは?

8月3日、リーボックが初めて総合プロデュースを手がけたジム「キタエル クロスフィット 虎ノ門」がオープンした。ファンクショナルトレーニングである「クロスフィット」を中心としたプログラムが展開されるのだが、短時間で大幅な運動効果が得られる、多忙なビジネスパーソンにこそ相応しい。「忙しい」を言い訳にできない、リーボックが仕掛けるトレーニングの新潮流をご紹介する。

虎ノ門ヒルズのすぐ隣に出現

ジムの象徴とも言える、自重トレーニング器具はジムの正面に設置。道路を挟んで目の前は、虎ノ門ヒルズだ。

ビジネス街、虎ノ門に誕生したフィットネスジム「キタエル クロスフィット 虎ノ門」は、まずその外観が象徴的だ。

虎ノ門ヒルズに面して、懸垂などの自重トレーニングに使用する大型の器具が鎮座する。そう、ここで受けられるプログラムは、自重・筋トレ・有酸素運動を織り交ぜた複数の種目を20分間、集中的に行う「クロスフィット」を中心としたもの。非常にハードでありながらも、効率よく脂肪燃焼がされて、総合的に身体能力をアップできると、ここ数年、トップアスリートをはじめ、ヘルスコンシャスで本物志向のモデルや芸能人からも支持を得ているのだ。

今回、リーボックが初プロデュースする「キタエル クロスフィット 虎ノ門」は、ビジネスパーソンに照準を絞っている。虎ノ門というビジネス街からのアクセスの良さはもちろん、出勤前の午前7時から参加できるプログラムや、昼食時間帯に行われる1時間集中プログラムなど特別メニューを揃え、隙間時間を有効に使い、運動不足を解消できるよう新たなトレーニングスタイルを提案したのだ。ジム内にはずらっとマシンが並ぶのではなく、ファンクショナルトレーニングやヨガなどのアクティビティができるスペースが広がる。

リーボックのアンバサダーであり、「クロスフィット」のトレーナでもあるAYAさんは「5分間でも、全力で腕立て伏せをするのは誰でもしんどい。どんなに時間がなくても、追い込むことはできます」と、忙しいビジネスパーソンにエールを贈る。さらに、アンバサダーの元K-1王者ニコラス・ペタスさんも「クロスフィットは1時間以内で終わるプログラム。『忙しい』は言い訳にならない」と叱咤激励。

2人とも口を揃えて言うのは、トレーニングすることで、心も身体も磨かれ、ポジティブになるということ。「クロスフィット」の良さは、個人ではなく、グループで行うところもポイントで、キツいけど、皆で苦しみを共有する楽しさもある。

美しい肉体と、強靭な精神を手に入れるべく、レッツ・トレーニング!

Kitaeru CrossFit Toranomon
住所:東京都港区西新橋2−16−6
TEL:03−6435−7138
営業時間:7:00〜21:00(平日)、9:00〜12:00(土・日曜、祝日)
入会金:¥32,400
月会費:プレミアムメンバーシップ¥32,400、週3回メンバーシップ¥27,000(1ヵ月目のみ¥32,400)ほか ※すべて税込み価格
http://kitaeru.net

Text=谷内田美香(ゲーテWEB編集部)